空間除菌の「クレベリン」ブーム、新型コロナ禍よりも早く終息か

alt

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大でヒット商品となっていた、大幸薬品<4574>の空間除菌用品「クレベリン」の販売が伸び悩んでいる。過去最大の感染拡大だった第3波のピークに当たる2021年12月期第1四半期(1〜3月)に急ブレーキがかかったのだ。なぜか?

コロナ「第3波」到来中に販売減

2021年5月7日に同社が発表した同四半期決算によると「クレベリン」の売上高は前年同期比28.2%減の19億6000万円、ハンドスプレーやジェルなどの「クレベ&アンド」の売上高は同28.8%減の4億800万円と大幅に減少した。

同社によると、消費者の衛生管理意識は高水準だが市場の需要が減少。これを受けて除菌関連製品の流通在庫が積み上がり、販売が低調に推移したという。実はこの時期は感染が拡大する一方。マスメディアで「空間除菌」に対する懐疑的な見方が広がっていた。

2020年6月に厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」で、「消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。また、現時点では、薬機法に基づいて品質・有効性・安全性が確認され、『空間噴霧用の消毒剤』として承認が得られた医薬品・医薬部外品も、ありません」と注意を呼びかけていた。

NEXT STORY

新型コロナ3番目の治療薬が登場 それぞれの効果は?

新型コロナ3番目の治療薬が登場 それぞれの効果は?

2020/09/25

新型コロナウイルス感染症の治療薬として「アビガン」が承認される見通しとなった。日本では2020年5月に「レムデジビル」が、同年7月に「デキサメタゾン」が承認されており、「アビガン」が承認されれば3番目の治療薬となる。