ユナイテッドアローズ、上場来初の最終赤字 コロナの影響で

alt
都内店舗

ユナイテッドアローズ コロナの影響で上場来、初の最終赤字

公開日付:2021.05.10

 新型コロナの影響で店舗休業や外出自粛などが響き、セレクトショップ大手の(株)ユナイテッドアローズ(TSR企業コード:294012338、東京都港区、東証1部、以下UA)は、2021年3月期の連結決算が1999年の上場以来、初めて最終利益が赤字だったと発表した。自社のネット通販は伸びたが、コロナによる実店舗の売上減が響いた。2022年3月期(連結)はコスト削減やカジュアル強化で黒字転換を見込んでいる。

 5月10日、発表した2021年3月期の連結決算は売上高1217億1200万円(前期比22.7%減)、営業利益66億1300万円の赤字(前期87億5800万円の黒字)、当期純利益71億9700万円の赤字(同35億2200万円の黒字)だった。

 UAは、従来の価格帯は大きく変えず、低価格の商品を追加し、ターゲットを広げる。また、コロナ禍でビジネスや嗜好品の需要低下から、カジュアル構成比を拡大していく意向だ。同日、発表した2022年3月期連結決算の業績予想は、売上高1248億円(2021年3月期比2.5%増)、営業利益30億円、当期純利益17億5000万円と黒字転換を計画している。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

三陽商会 5期連続の最終赤字 希望退職者募集による特別損失の計上も

三陽商会 5期連続の最終赤字 希望退職者募集による特別損失の計上も

2021/05/02

三陽商会の2021年2月期(連結)最終利益が49億8800万円と5期連続の最終赤字だった。21年2月期はコスト削減や銀座の不動産を売却したが、新型コロナの影響が重く、希望退職者募集による特別損失の計上も響いた。