M&A速報

サトレストランシステムズ<8163>、和食レストラン「すし半」事業を梅の花<7604>に譲渡

2017/02/14

サトレストランシステムズは和食レストラン「すし半」13店舗を、同業の梅の花に譲渡することを決議した。会社分割により新設会社すし半(大阪市)に事業を移管したうえで全株式を梅の花に譲渡する。

対象事業の直近売上高は20億6000万円。サトレストランシステムズは低価格業態の開発・成長を重視しており、すし半事業のグループ内での成長は困難と判断した。譲渡先となる梅の花は和食レストランを全国展開しており、高価格帯に強みを持つ。今後は共同仕入れによるスケールメリットや物流などのシナジー(相乗効果)、店舗エリアの拡大などを目指す。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2017年3月下旬から4月上旬。

追記事項

2017-02-14
譲渡価額は25億2000万円。譲渡予定日は2017年4月1日。

関連の記事

3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

2019/12/27

2019年の外食M&Aの潮流を3つのニュースを軸に解説します。1つ目は梅の花のさくら水産買収。2つ目がポラリスが買収したBAKEの赤字。3つ目はオイシックスの投資ファンドに出資を決めたモスフードです。2019年も様々な動きがありました。

2期連続で大幅な「最終赤字」苦戦続く梅の花

2期連続で大幅な「最終赤字」苦戦続く梅の花

2019/12/18

湯葉や豆腐料理などを提供する和食レストランや持ち帰りずしなどを手がける梅の花が苦戦している。同社は2019年12月16日に2020年4月期の業績見通しを下方修正し、2期連続で大幅な最終赤字に陥ることになった。

外食企業の買収に乗り出した「和食さと」次の一手は?

外食企業の買収に乗り出した「和食さと」次の一手は?

2019/11/12

「和食さと」や「めしや宮本むなし」などを展開しているSRSホールディングスが、中期経営計画に基づいて外食企業のM&Aに乗り出した。 中期経営計画とはどのようなものなのか。

大手ファミリーレストラン実力度調査、稼ぐ力が強い企業は?

大手ファミリーレストラン実力度調査、稼ぐ力が強い企業は?

2019/11/01

上場している大手ファミリーレストラン会社の実力度調査です。売上、営業利益だけでなく、利益率や1店舗あたりの売上など、各経営指標で比較をしました。そこから各社の戦略が見えてくると同時に、人件費高騰が共通の課題として見えてきます。

梅の花の「さくら水産」買収 甘いかしょっぱいか 

梅の花の「さくら水産」買収 甘いかしょっぱいか 

2019/03/30

「湯葉と豆腐の店 梅の花」や「和食鍋処 すし半」などを展開する梅の花が「海産物居酒屋さくら水産」を運営するテラケン(東京都江東区)を子会社化することになった。だが、両社の業績を見ると先行きは?

M&A速報検索

クリア