ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

うっかり間違えやすい会社名シリーズ(大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組)

alt

〇ブリヂストン  ×ブリジストン

ブリヂストン(東京都中央区)

ブリヂストン<5108>は創業者の石橋正二郎氏の「石橋」をひっくり返して、ブリッジ(橋)ストン(石)としたことは有名な話(これは常識の部類…?)。もう30年前になりますが、米国の名門タイヤメーカー、ファイアストンを約3300億円の巨費で買収したのは1988年のこと。ブリヂストンは今や連結売上高が4兆円近くに達し、世界最大のタイヤメーカーとして地歩を確固としていますが、社名の中にあるのは「ジ」ではなく「ヂ」ですので、くれぐれも注意ください。

〇東京製綱  ×東京製鋼

東京製綱(東京都中央区)

ワイヤロープ最大手の東京製綱<5981>は、同じ読み方でも東京製鋼とすると大きな間違いとなります。見紛いがちな社名の代表格で、綱(つな)です。鋼(はがね)の東京製鋼という会社はありそうですが、ネットで検索してみると、意外にもヒットしません。その代わり、東京製鉄<5423>という電炉トップメーカーがあります。

熊谷組→〇くまがいぐみ  ×ぐまがやぐみ

熊谷組(東京都新宿区)

準大手ゼネコンの熊谷組<1861>の読み方は「くまがいぐみ」が正解です。7月23日に国内最高気温41.1度Cを記録した熊谷市(埼玉県)の地名は「くまがや」と読みますので、気に留めておいた方いいかもしれません。

       文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

2018/05/26

「他人の空似」とはよく聞く話だが、企業にもまぎらわしい「空似」がある。よく似た社名の別会社への間違い電話も珍しくない。そこで社名で誤解されやすい有名企業3社を紹介する。「この会社って、あそことは無関係だったの?」と驚く企業はあるだろうか。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5