menu
Social media

ビジネス

​【キャリア】合併を理由とした転職活動

Cover dc4c5c28 2480 41ac 9b7f d78a83724d21

合併を契機に転職を考える人もいるだろう。転職を決断した理由はいろいろだろうが、どうせなら、今よりよい条件で転職をしたいものだ。その際に、採用面談での退職理由の伝え方には注意が必要だ。

◇ ◇

M&Aで退職に追い込まれる背景とは

合併によって退職しなければならない事情が発生する背景としては次の3タイプがある。

1つ目は、合併で同一業務を担当する部署が重複するようになったからというもの。
経理財務や総務など管理系職場が該当することが多い。

2つ目は、合併後の経営方針の転換で、担当していた業務がなくなるというもの。
例えば、営業職は会社が自分の担当する製品から撤退することになれば比較的早く仕事がなくなる。B2Bでは実際の撤退まで1年以上かかるケースもあるが、撤退発表と同時に人員整理が始まる。
生産系の職場では、会社間の供給責任があるので生産が完全に終了するまでは人員整理は行わないのが一般的だ。情報システムも、合併すれば一つのシステムに統合されるケースが多く、廃止になるシステムの担当者は仕事がなくなる。

3つ目は、買収側が相手企業へのコントロールをきかせるために、被買収側の責任者をクビにして、自社から代わりを派遣するケースである。部長以上の職位の人が該当する。

NEXT STORY

【まとめ】2017年1月~3月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年1月~3月に発表された 主要なM&A案件

2017年1月-3月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb 57a93bea e21c 4c0f a662 2157dcad9265
Thumb ffcb40ef b290 43bc b082 0eaad1cc55bf
Thumb a089c712 ccf0 47a5 aae6 fa3d5cfe198d