M&A速報

大陽日酸<4091>、溶接関連器具製造のシンガポールLeedenをTOBで完全子会社化

2011/11/09

大陽日酸は子会社を通じて、溶接関連器具を製造するシンガポールのLeeden Limited(売上高約117億円、純資産約66億円)に対して完全子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決めた。LeedenはTOBに賛同の意見を表明している。TOB成立後、Leedenはシンガポール証券取引所における上場が廃止となる。

Leedenは、溶接関連器具を中心とした機器事業と、大陽日酸の子会社との合弁で行う工業ガスの下流事業で拡大してきた。大陽日酸はLeedenを子会社することで、両社販売網の相互活用により、経済発展が期待される東南アジア地域での工業ガス付帯事業の拡大を目指す。

TOBの買付価格は1株あたり約34.9円。TOB公表直前取引日である2011年11月4日の対象株式の終値約33.1円に対して5.6%のプレミアムを加えた。TOBの買付予定数は1億7051万0346株で、買付価額は最大約55億5000万円。

公開買付期間は未定。

追記事項

2012-1-20

買付期間は2012年1月20日から2月27日まで。

M&Aデータベース

関連の記事

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

2020/09/24

「コロナ」下、2020年度もいよいよ後半戦に突入する。10月をもって社名変更する上場企業は近年で最も多い18社を数える。その顔ぶれや新社名に込められた思いは?

大陽日酸の海外展開、2019年は暗雲も…?|ビジネスパーソンのための占星術

大陽日酸の海外展開、2019年は暗雲も…?|ビジネスパーソンのための占星術

2019/01/05

産業ガス国内最大手の大陽日酸。2018年に米プラクスエアの欧州事業の一部を買収、独リンデからは米国の水素製造事業を買収と、M&Aで海外展開を加速させている大陽日酸ですが、この流れの吉凶はいかに!? 占星術的視点から柳川隆洸氏が読み解きます。

うっかり間違えやすい会社名シリーズ(大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組)

うっかり間違えやすい会社名シリーズ(大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組)

2018/07/29

うっかり間違いやすい社名シリーズの今回は、大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組が登場します。そんなこと知っているよ、常識の部類だよ、という声を覚悟のうえで…!?

M&A速報検索

クリア