M&A速報

ブリヂストン<5108>、防振ゴム事業を中国投資会社「安徽中鼎控股」に譲渡

2021/12/10
alt

ブリヂストンは、防振ゴム事業を中国投資会社の安徽中鼎控股(集団)股份有限公司(AZ、安徽省)に譲渡することを決めた。多角化事業の見直しの一環。当該事業の直近売上高は276億円。譲渡価額は非公表。譲渡完了は2022年7月を見込む。

防振ゴム事業を会社分割して設立する新会社にグループ内の関連事業会社を集約する。そのうえで、新会社の全株式をAZに譲渡する。新会社にはグループのブリヂストンエラステック(静岡県掛川市)をはじめ、米国やタイ、インド、中国の子会社・事業が集約される予定。

M&Aデータベース

関連の記事

製造系派遣大手の「アウトソーシング」6件でトップ|2021年上期の企業別M&A

製造系派遣大手の「アウトソーシング」6件でトップ|2021年上期の企業別M&A

2021/07/07

2021年上期(1~6月)の企業別のM&A件数(適時開示ベース)を集計したところ、製造系派遣大手のアウトソーシングが6件でトップに立った。2位は医療機器メーカーの朝日インテックの4件。ブリヂストン、アイカ工業など9社が3件で続いた。

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021/02/01

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

2021/01/28

1985年のプラザ合意を契機に日本の対外直接投資が急増すると、企業レベルでもグローバル・トップをめざす動きが出始めた。その象徴がブリヂストンによるファイアストン買収(88年)、大日本インキ化学工業による米国サンケミカルの買収(89年)である

「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

2020/04/08

新型コロナウイルス感染症の拡大で日本経済の深刻な落ち込みが懸念されるが、一方で好調な業界がある。自転車業界がそれ。マスクや医薬品などの「コロナ関連」ならばともかく、無関係としか思えない自転車業界が、なぜ消費の逆風下にもかかわらず好調なのか?

過去最多のM&A 2019年のIT・ソフトウエア業界

過去最多のM&A 2019年のIT・ソフトウエア業界

2019/12/17

​2019年(2019年1月1日ー12月16日)​に発表されたIT・ソフトウエア業界のM&Aは134件で、2008年以降の12年間で最多となった。金額は6815億円となり、2016年の1兆2286億円に次ぐ2番目に高い水準だった。

2019年上期の IT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019年上期の IT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019/07/25

2019年上期(1-6月)のIT・ソフトウェア業界のM&Aは件数が61件で、金額は6195億円となった。2008年以降では、件数は3番目、金額は2番に高い水準となった。

「ブリヂストン」が買収する「トムトム」は日本での活動を活発化させていた

「ブリヂストン」が買収する「トムトム」は日本での活動を活発化させていた

2019/01/24

ブリヂストンはオランダの地図情報会社トムトムの子会社トムトム テレマティックス ビーヴィーを買収する。トムトムは、あまり聞きなれない企業だが、実は日本での活動を活発化させていた。

ブリヂストン、12年ぶり大型M&Aの「適時開示」で“ミス連発”

ブリヂストン、12年ぶり大型M&Aの「適時開示」で“ミス連発”

2019/01/23

ブリヂストンは22日、オランダ企業買収に関する「東証適時開示」に3カ所の訂正があったと発表した。買収金額の単位、代表者の役職名、問い合わせ先の広報部長名に誤りがあった。1000億円超の大型M&Aながら、ケアレスミスが3カ所見つかるのは異例。

【突撃MAOちゃん!】「M&Aを活用した成長戦略」セミナーレポート

【突撃MAOちゃん!】「M&Aを活用した成長戦略」セミナーレポート

2018/11/27

MAOの突撃レポート!今回は「M&Aを活用した成長戦略」のセミナーレポートをお届け。ブリヂストン元CEOの荒川詔四氏やストライクの荒井邦彦社長、土木管理総合試験所の下平雄二社長らが登壇し、事例を交えてM&Aのポイントを語ってくれました。

うっかり間違えやすい会社名シリーズ(大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組)

うっかり間違えやすい会社名シリーズ(大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組)

2018/07/29

うっかり間違いやすい社名シリーズの今回は、大陽日酸、ブルドックソース、ブリヂストン、東京製綱、熊谷組が登場します。そんなこと知っているよ、常識の部類だよ、という声を覚悟のうえで…!?

【ブリヂストン】米国で2度の大型M&A 苦難乗り越え高収益体質を構築

【ブリヂストン】米国で2度の大型M&A 苦難乗り越え高収益体質を構築

2017/03/17

ブリヂストンが米国での2度の大型買収を経て、世界首位のタイヤメーカーとしての地位を確かなものにしている。リコールなど数々の苦難を乗り越え、新規事業にも取り組み、売上高営業利益率は2ケタに上昇している。

M&A速報検索

クリア