人事コンサルタントミッキー先生による新連載が始まります。もし、中小企業に勤務するあなたの勤務先が大手企業に買収されたらどう思いますか?

あなたの会社が大手に買収されたら?
社員が生き残る2つの方法

中小企業が急速に事業規模を拡大したり、大手企業に買収されたりすると(本稿では仮に「社格があがる」と表現することにする)、製品、サービス、社員のレベルに対する取引先や社会からの見る目、期待値が一気に厳しいものになる。

中でも、社員のレベルアップは、製品やサービスの品質を左右する上、企業ブランドの一つとして従来以上に重要な要素になっている。社員の対応が不適切だったりコンプライアンス違反を犯したりすると経営陣や広報部がマスメディアで謝罪をしなければならない時代だ。社員の方も、上司に叱られるだけではすまない。何らかの懲戒をうけることになる。

本稿では社員のレベルをあげる必要に迫られた中小企業が一般的にどのような対策を行うのか、それについて社員としてのあなたは何をする必要があるのだろうか。

■レベルアップ怠ると厄介者に

オリンピックのイラスト「ウエイトリフティング」

企業としての社格があがると、社員も並行してレベルアップしなければならない。それも急速にである。社員であるあなたは社格に応じた新しい知識やスキルを求められる。しかし仮にあなたがそうすることができなければ、早晩、会社は外部からあなたがもっていない経験やスキルをもった人を採用し、あなたの部署に配置するか、あなたの上司に据えるだろう。場合によっては、あなたは、やっかいものになる。

これを乗り切るには2つの方法がある。ひとつは、中途採用者や、M&Aにより新しく経営陣になった外部の人間が簡単には理解・習得できない自社独自の特殊な情報やノウハウを身に付けること。つまり余人をもって代えがたい人になることだ。ただそれは当面の安心にはなるが生涯安泰とはいえないので、注意が必要だ。

もう一つは、新しいスキルを身に付けることだ。その場合、会社が教育訓練をしてくれると期待するのは甘い。第一、教育研修を数回受けただけで、スキルが身につくわけがない。教育機関を利用するなどの自助努力が必要だ。