【トマト銀行】一世を風靡した改称の“次の一手”は?| “ご当地銀行”の合従連衡史

alt
大阪・南船場にある、一際目立つ看板のトマト銀行大阪支店

岡山市に本社を置くトマト銀行<8542>。行名を山陽相互銀行からトマト銀行に変更したのは1989年4月のこと。時代が昭和から平成へと変わり、“相互銀行業界”では相互銀行法の廃止が打ち出されるなどの金融規制の緩和により、国内の多くの相互銀行が普通銀行に転換したときだった。

「トマト」が示す決意

だが、当時は「なぜトマト? カタカナ銀行ってアリ? それに岡山ならモモじゃないの?」などと斬新な行名が話題を呼んだ。

ちなみに、2021年における県別のトマト収穫量ランキングは1位熊本県、2 位北海道、3位愛知県で、岡山県は30位。トマトの産地として、岡山県の影は薄い。だからこその「なぜ、その行名に?」なのだが、トマト銀行は同行ホームページ「社名の由来」のなかで、「トマトのもつみずみずしく、新鮮で、明るく健康的なイメージが、当社の目指すべき企業イメージとピッタリ合うということで発案されたもの」と述べている。

また、「円形の赤い実と放射状の緑のがくをあしらったトマトの絵とBANKの文字を合わせたユニークな絵文字シンボル」は「トマト・アイデンティファイア」の意気が込められ、「進歩的でクリエイティブな企業風土とユニークな活動を展開する決意」を表しているという。

確かに、この改称には「これまでの銀行イメージを一新し、何か新しいことをやってくれる」期待が高まった。改称当日の朝、本店には新行名とロゴの入った通帳やカードを求めて、多くのお客が並んだという。トマト銀行としても、瞬間風速的ではあったにせよ、新規客が増え、行員のモチベーションも上がったはずだ。

カタカナの行名がめずらしく、「お堅い銀行がふざけているんじゃないか」とさえいわれそうな面もあったが、この新行名は日本中で話題になり、その年の流行語大賞(新語部門・銅賞)にも選ばれた。

岡山駅前にある桃太郎像

昭和初期に倉敷無尽として創業

トマト銀行の源流をたどってみよう。トマト銀行は1931(昭和6)年11月、岡山県倉敷市で倉敷無尽として創業した。

その後、1941年3月には興国無尽、別所無尽という周辺無尽を吸収合併し、商号を三和無尽に変更した。1943年9月に中国無尽の営業のすべてを譲り受けている。そして1951年5月の相互銀行法の制定をきっかけに、三和無尽は同年10月に相互銀行に転換、行名を三和相互銀行とした。さらに1969年4月、山陽相互銀行に改称した。

トマト銀行に改称したのは前述の通り1989年4月。トマト銀行のM&Aとしては2002年、岡山県信用組合が破綻した際に、その救済銀行として事業譲渡を受けている。

1989年にトマト銀行に改称して以降は、同行グループ内再編に取り組んだ。1986年4月に山陽ファイナンスとして設立されたトマトファイナンスを2003年11月に合併し、1985年2月に山陽サービスとして設立されたトマトサービスを2004年5月には清算した。

また1995年10月に設立したクレジットカード業務のトマトカードを2015年3月に、1998年7月に設立した銀行事務受託のトマトビジネスを2019年1月にそれぞれ完全子会社化している。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【熊本銀行】2つの第2地銀のM&Aを経て、更なる再編に!|“ご当地銀行”の合従連衡史

【熊本銀行】2つの第2地銀のM&Aを経て、更なる再編に!|“ご当地銀行”の合従連衡史

2022-10-24

熊本無尽と肥後無尽がそれぞれ相互銀行、普通銀行になり合併して誕生した熊本銀行。熊本を代表する第2地銀になって以降も、隣県の金融持株会社の再編に揺れ動いた。