M&A速報

ゴールドウイン<8111>、米スポーツアパレルブランド「Champion」関連事業を日本法人に譲渡

2015/05/14

ゴールドウインは、スポーツアパレルブランド「Champion(チャンピオン)」に関する事業をヘインズブランズジャパン(東京都新宿区)に譲渡すると発表した。ヘインズブランズジャパンは、Championのほか「Hanes(ヘインズ)」や「POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)」などのブランドを展開する米ヘインズブランズインク(ノースカロライナ州ウィンストンセーラム)の日本法人。

ゴールドウィンは1975年からChampionのライセンシーとして事業を展開してきたが、2015年12月31日にライセンス契約の期間満了を迎えることに伴い、2016年3月31日付で事業を終了させる。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2016年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

工場新設でクモの糸を大量生産! スパイバーの躍進が始まるか?

工場新設でクモの糸を大量生産! スパイバーの躍進が始まるか?

2018/12/16

慶応大学発のベンチャー企業で、人工クモの糸の工業化を推進するスパイバーが、クールジャパン機構などを引受先とする第三者割当増資を実施。50億円を調達しました。調達した資金で対に大型工場を新設。現在の100倍規模となる大量生産に布石を打ちます。

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

2018/01/20

平昌五輪の開幕が2月9日に迫ってきた。フィギアスケートの羽生結弦選手、ジャンプの高梨沙羅選手ら日本選手の活躍に期待が高まる中、株式市場では選手の所属先企業やスポーツ用品メーカーなど関連銘柄が改めて注目されそうだ。平昌五輪銘柄を総点検すると…。

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

2017/09/06

サッカーワールドカップのアジア最終予選において日本がオーストラリアに勝利し、6大会連続で6度目となるワールドカップ出場が決定した。これを好感した影響もあり、アシックス<7936>などスポーツ関連銘柄は軒並み堅調。ゼビオ<8281>は年初来高値を更新した。2020年には東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界においてもM&Aが盛んに行われている。

M&A速報検索

クリア