ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

M&A相談所「5年後に良い条件で譲渡するために、今から準備しておくべきことは?」

alt
※画像はイメージです

②希望条件を実現するための行動計画を作る

 事業承継やM&Aまでの計画を作成された経験のある方は少ないかと思います。希望条件の中には、その実現までに時間や費用がかかるものもあるかもしれません。そのときには優先順位を決めて計画を作成する必要もあるでしょう。

③行動計画を実行するため、伴走者的な存在を作る

 日々の業務がお忙しく、計画を実行に移せないでいる経営者も多くいらっしゃいます。M&Aに関しては、腹心の部下やご家族にも相談できないこともあるでしょう。できればM&Aの実行に至るまで弊社のようなM&A専門家を伴走者のように活用し、その時々のM&Aの市況や買い手候補企業の確認などの情報を収集しつつ、ご自身の行動計画を振り返るタイミングを設けてはいかがかと存じます。

***

 過去にも、有力な買い手候補が現れたため、当初の予定を前倒しして希望条件以上の譲渡を実現したケースがございましたが、それも定期的に情報収集をされていたからこそ叶ったことだと考えております。

 これらは準備すべきことの一例ですが、M&Aにおいても事前の準備が大切だということがおわかりいただけたかと思います。
M&Aで譲渡を実行に移された経営者の方々は早めにご決断をされておられます。ぜひさまざまな観点からご自身の希望と自社を振り返り、望む形のM&Aを実現していただきたいと存じます。

M&A情報誌「SMART」2018年1月号 の記事を元に再構成しております

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

2018/02/04

東京23区内で唯一残っていた小山酒造が廃業する。創業は1878年(明治11年)。北区岩淵の湧き水を利用して以来、この地で140年の長きにわたり酒造りを続けてきた。銘柄「丸眞正宗(まるしんまさむね)」は、今でも根強い人気を博している。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5