ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

映画「カツベン!」-個性豊かな弁士で観る日本映画の「ルーツ」

alt
©2019 「カツベン!」製作委員会

幼少期の幸福な思い出が才能を花開かせる

©2019 「カツベン!」製作委員会

子供の頃の俊太郎と初恋の女の子・梅子の冒険が微笑ましい。こっそり劇場に忍び込び、大人の間をぬって座り、箱入りのキャラメルを分けあいながら活動写真を見る。もちろん実体験ではありえないのだけれど、そんな二人の姿にデジャヴのようなものを感じる。

梅子を前に披露した活弁の体験が俊太郎を支えている。全盛期の山岡になりきった活弁が観客に大受けし安堵する俊太郎に、「人まねじゃないお前の活弁をやってみせろ」と山岡は言う。活動弁士は語りの台本も口調も、全て自分で考える。

俊太郎の活弁も人まねから自分だけのものへと進化していく。そのための種まきは、子供の頃の体験から培われたものに違いない。活動弁士を演じる俳優陣も役によって異なる弁士に習ったというが、同じ演目でも活動弁士が違えばまるで別作品のようにすら感じられるのは驚きだ。

笑い納め、新年へのエネルギーチャージ!

©2019 「カツベン!」製作委員会

箪笥を使ったギャグとしか思えないアクションを始めとした本作の喜劇は安心感をもたらす。中でも自転車の追走劇には、心がほっこりと温まる。出店が賑わう通りを俊太郎や追手の自転車が激走する。道を行く人々は「すません! すません!」と謝りながら進む俊太郎に道をあけ、かと思えば何が何やらわからず追手の自転車の後ろを押して手伝ってあげもする。愛おしい。

周防正行監督の作品には監督らしさが満ちている。その一つが、画面の外にも向けられる人への愛情だと思う。主人公たちをはじめ、暮らす人々一人ひとりの日常がスクリーンからあふれ出るかのようだ。わぁ! と思わず口を開け、吹き出し、ゲラゲラ声を上げて笑わずにいられない。2019年の笑い納めの一本としてもふさわしい本作を観れば、新年へのエネルギーチャージになりそうだ。

「カツベン!」
原題:Talking the Pictures
公開日:2019年12月13日(金)
監督:周防正行
脚本:片島章三
出演:成田凌 黒島結菜
永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊 
公式サイト:http://www.katsuben.jp/
©2019 「カツベン!」製作委員会

文:宮﨑千尋(映画ライター)

​宮﨑 千尋 (みやざき・ちひろ)

1989年静岡県生まれ。ライター。映画レビュー、インタビューなど。一番古い映画に関する記憶は、姉と『天使にラブソングを...』ごっこをして遊んだこと。ハリウッド映画好きな父の影響で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズをこよなく愛しています。

映画やドラマのロケ地巡りにハマっています!観る前・観る時・観た後〜と楽しみが何倍にもなる映画の魅力を再確認中。

好きな映画を3つだけあげるなら「アバウトタイム~愛おしい時間について~」「シックスセンス」「シンプル・シモン」


NEXT STORY

映画「ジョン・デロリアン」-天才か犯罪者か?名車を生んだ鬼才の人生

映画「ジョン・デロリアン」-天才か犯罪者か?名車を生んだ鬼才の人生

2019/12/22

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのアイコン的存在であり、多くの人の胸をときめかせ続けるタイムマシンのベースとなった車「デロリアン(DMC-12)」。その名車を生んだジョン・デロリアンの波乱に富んだ人生と破滅、人間模様を描く。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5