フランスの著名な映画批評家、アンドレ・バザンは言っています。
「映画の美学は現実を明らかにするリアリズムであるべきだ」と。

映画とは、各時代を映し出す、鏡の一つと言えるかもしれません。そしてその鏡は、私たちが生きる現代を俯かんして見るための手助けともなるのではないでしょうか。

“今”を見つめるビジネスマン/ビジネスウーマン必見!オススメの最新映画をご紹介します。

名優ロバート・レッドフォード、引退作で何を演じる?

映画『さらば愛しきアウトロー』はハリウッドの伝説、ロバート・レッドフォードの俳優引退作。レッドフォードは、実在する風変わりな犯罪者、フォレスト・タッカーを最後の役柄に選んだ。

Photo by Eric Zachanowich. (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

大スターの地位を獲得した映画『明日に向って撃て!』でのサンダンス・キッドをはじめ、これまで数多くのアウトローを演じてきたレッドフォード。本作は、長年彼に魅了されてきたファンへの大サービスと、彼だからこそ届けることができるメッセージが溢れている。

さらば愛しきアウトローの【あらすじ】

Photo by Eric Zachanowich. (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

1981年、アメリカのテキサス州で初老の3人組による銀行強盗事件が発生する。強盗犯のひとりフォレスト・タッカー(ロバート・レッドフォード)は15歳で初めて盗みをし少年院に入ってからというもの、脱獄と犯罪を繰り返していた。極悪非道かと思いきや、「人を傷つけない」という流儀を持つ彼は、銃は携帯していても一度も使ったことがなく暴力をふるったこともない。鮮やかな手口で盗みを繰り返すフォレストらは2年間で95件もの銀行強盗を成功させる。警察も動き出し、フォレストの事件を担当することになった刑事ジョン・ハント(ケイシー・アフレック)は捜査すればするほどフォレストの仕事の流儀に魅了されていく。

逃走中のフォレストと知り合い、親しくなったジュエル(シシー・スペイセク)も彼の優しく知性的な魅力に心を奪われる。かつてないほど大きな山を成功させたフォレストら3人組をFBIが追う中、ジュエルとますます親しくなったフォレストは、かつて結婚していたことや秘密の稼業についてもジュエルに匂わせる。そんな中、フォレストの捜査から外されたジョンの元に一通の手紙が届く。

Photo by Eric Zachanowich. (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.