映画「新聞記者」を知っているだろうか。知る人ならば思うかもしれない。見覚えのあるタイトル…二番煎じか?  

「記者」を描く社会派ドキュメンタリー

©2019「i-新聞記者ドキュメント-」製作委員会

とんでもない。「i―新聞記者ドキュメントー」は現代日本に大きな衝撃を与え、大ヒットを記録した映画「新聞記者」でプロデューサーをつとめた、森達也監督による社会派ドキュメンタリー映画だ。

かつてはテレビディレクター、現在は映画監督と作家の顔を持ち、長年メディアと共に歩んできた森監督が本作で被写体にするのは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者。「新聞記者」の原案者でもある望月記者を追いながら、「新聞記者」がより一層のリアリティを持って私たちに迫ってくる。

©2019「i-新聞記者ドキュメント-」製作委員会

「i―新聞記者ドキュメント」のあらすじ

手を高く挙げ、鋭い質問を投げかける。納得できなければ質問を繰り返し、咎められようとも毅然と立ち向かう。望月衣塑子記者はゆるぎない。国内の多くの既存メディアが官邸記者会見でのその姿を異端視するが、外国人ジャーナリスト達は望月記者に好意的だ。その違いは何なのだろう。

“日本のメディアはおかしい。ジャーナリズムが機能していない”そんな風に言われるようになってからしばらく経つ。「i―新聞記者ドキュメント」には菅義偉官房長官、前川喜平元文部科学省事務次官、森友学園の籠池夫妻など、ここ数年メディアで数多く目にした人間たちが登場する。

劇中で取り上げられる主な事件は4つ。「辺野古基地移設問題」「伊藤詩織準強姦事件」「森友問題」「加計学園問題」-これらの事件の渦中の人物たちが、メディアでは決して取り上げられることのないむき出しの声を発する。

メディアはどうあるべきか、われわれ一人ひとりは“今”どうあるべきなのか。日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体を暴くと共に、見る者に多くを問いかけるー。