公開中に早くも世界興行収入が4億7250万ドル(約520億円)を突破し、記録的なヒット映画となった「ボヘミアン・ラプソディー」。伝説のロックバンド「クイーン」のリードボーカルだったフレディ・マーキュリー(1946-1991年)の、1970年のデビューから1985年に開催されたアフリカ救済のチャリティコンサート「ライヴエイド」までの15年間を描いた伝記映画だ。

映画でも触れられた、フレディとタタの共通点

実はこのフレディ、インド最大の財閥と関係がある。日本でもよく知られているタタ財閥だ。タタといえば2009年に10万ルピー(約28万円)カーの「ナノ」を発売した自動車メーカーとして知られているが、自動車以外にも製鉄やIT、電力など100社以上で構成される巨大企業グループ。

10万ルピーカーで自動車業界を驚かせた「ナノ」を世に出した財閥一族と世界的なロックスターに「意外な共通点」があった(Photo by দেবর্ষি রায়)

タタグループは積極的なM&Aでも知られる。タタ・スチールは2007年に粗鋼生産量世界8位のコーラス社を買収して、世界5位の鉄鋼メーカーに飛躍。2008年には「ナノ」を手がけたタタ自動車が米フォード・モーターから英高級車ブランドの「ジャガー」と「ランドローバー」ブランドを23億ドルで買収した。

フレディとの「共通点」は、同財閥のオーナーであるタタ家の出自にある。映画の冒頭でフレディが敬虔なゾロアスター教徒の父親と対立するシーンがある。フレディの両親は「パールシー」と呼ばれるペルシャ系インド人だ。

パールシーは宗教で結びつけられた集団で、父がフレディーに口うるさく言う「善き考え(善思)、善き言葉(善語)、善き行動(善行)」は、ゾロアスター教の信者が生涯を通じて実践を求められる「三徳」を指す。