第32回東京国際映画祭(以下TIFF)が2019年10月28日(月)から11月5日(火)までの9日間にわたって開催されます。“今、TOKYOでしか出合えない映画”を合言葉に、日本国内外様々な映画の上映はもちろん、六本木ヒルズを中心とした多数の会場でのイベントも目白押しです。M&A Online読者へオススメの注目作品を紹介します。

元気いっぱいの日本映画

©2019松竹株式会社

男はつらいよ お帰り寅さん

製作:日本
監督:山田洋二
出演:渥美 清、倍賞千恵子、吉岡秀隆
国民的映画シリーズ『男はつらいよ』の奇跡的な最新作。小説家となった満男(吉岡秀隆)の胸に、いつも自分の味方でいてくれた叔父・寅次郎(渥美清)への想いが蘇る・・・。
記念すべき50作目となる本作は、くるまやの面々の“今”を描く新たな映像と4Kデジタルで蘇る寅さんが紡ぐ新たな『男はつらいよ』の物語。

©2019「カツベン!」製作委員会

カツベン!

製作国:日本
監督:周防正行
出演:成田 凌、黒島結菜
舞台は今から約100年前の日本。映画が活動写真と呼ばれ、サイレントでモノクロだった頃、日本独特の存在・活動弁士を夢見る若き青年を主人公に日本映画の未来を夢見た人々の群像劇。アクション、コメディの要素をふんだんに盛り込んだノンストップエンターテイメント作品。

©2019『i-新聞記者ドキュメント-』

i―新聞記者ドキュメントー

製作:日本
監督:森 達也
出演:望月衣塑子
大ヒット問題作、映画『新聞記者』のプロデューサーが描く衝撃のドキュメンタリー。『新聞記者』の原案者である東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して、日本の報道そして日本社会が抱える問題点に迫る。報道では決して映し出されない、現代日本の姿がここにある。

©Mirage Ltd.

オーバーエベレスト陰謀の氷壁

製作:中国/日本
監督:ユー・フェイ(余非)
出演:役所広司、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン
日中合作の山岳アクション。世界を代表するプロデューサー“テレンス・チャン”×日本を代表する俳優“役所広司”が世界最高峰のエベレストを舞台に描く超大作。