ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

日米見比べ TVドラマ「SUITS/スーツ」が面白い!

alt

日米見比べ対決! リーガルドラマ「SUITS/スーツ」

メーガン妃の最後の出演作

先日、イギリス王室のウィリアム王子とのあいだに第1子を出産したメーガン妃ですが、女優から英国王室に嫁いだことでも話題となりました。現在は女優を引退しましたが、最後の出演となったのが、「SUITS/スーツ(原題:Suits)」。アメリカで2011年から現在も放映中の人気リーガルドラマです。

地上波はフジテレビの深夜枠でシーズン1を放映中。動画配信やBSなら、huluAmazonプライムビデオWOWOWDlifeなどで観ることができます。

タイトルは”訴訟”と背広の”スーツ”をかけており、仕事ができるイケメンのエリート弁護士がおしゃれなスーツを着こなし、仲間と励まし合いながらさまざまな問題を解決していくストーリー展開となっています。

SUITS/スーツ シーズン1
画像引用元:SUITS/スーツ amazon

このドラマの魅力は、ハーバード・ロースクール出身のエリートしか採用しない弁護士事務所を舞台に繰り広げられる訴訟の攻防戦と、「ハーヴィー」と「マイク」の関係性でしょうか。弁護士が活躍する訴訟ドラマ好きにおすすめです。企業買収(M&A)の話題もところどころ出てきますよ!

原作Suitsで主役のハーヴィーを演じるのは、ガブリエル・マクト。「ビバリーヒルズ青春白書」や「SEX AND THE CITY」にも出演経験がありますので、探してみてください。彼の父親であるスティーブン・マクトも俳優で、SUITSのシーズン4で、ハーバード大学ロースクールのジェラード教授役として親子共演しています。

27年ぶりの共演が話題に

日本版は、2018年10月から月9枠でフジテレビで放映されました。東京ラブストーリー以来、27年ぶりに織田裕二と鈴木保奈美が共演したこともちょっとした話題に(アラフォー世代以降ですが)。

SUITS/スーツ(日本版)
画像引用元:フジテレビ公式HP SUITS/スーツ 手を組む位置が違う

日本では織田裕二がハーヴィーの役どころ(役名:甲斐正午)を演じました。原作同様、どこのブランドのスーツを着ているのか?と話題になりましたが、代官山にある「TAGARU」のオーダーメイドだそう。

配役は原作に忠実

もう一人の主人公、マイクを演じるのは、パトリック・J・アダムス。「コールドケース 迷宮事件簿」、「LOST」、「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」などに出演経験があります。「プリティ・リトル・ライアーズ」スペンサー役のトローヤン・ベリサリオが奥さんで、第1シーズンの第5話で共演しています。なお、日本でマイクにあたる鈴木大貴役は、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が演じています。

さて、2人のイケメン弁護士に負けず劣らず女性陣も華やかでスタイリッシュ。大手法律事務所のトップであるジェシカ(米:ジーナ・トレース、日:鈴木保奈美)、秘書のドナ(米:サラ・ラファティ、日:中村アン)、弁護士を目指すレイチェル*(米:メーガン・マークル、日:新木優子)とそれぞれ個性が違うので、ファッションも要チェックです。

*レイチェルを演じたメーガン妃は、2018年に英国王室のヘンリー王子と結婚し、2019年5月に男児を出産しました。

AXNジャパン SUITS/スーツ
画像引用元:AXNジャパン SUITS/スーツ

原作と日本版を見比べていただくと、配役を含めストーリーもわりと原作を忠実に再現していることがわかると思います。

韓国版は、主人公のハーヴィ役をチャン・ドンゴンが演じています。日米韓、違いを楽しんでみては。

日本版オンデマンド フジテレビ FODプレミアム(初回1ヶ月無料) http://fod.fujitv.co.jp/
字幕版オンデマンド アマゾンプライム(30日間無料体験) https://www.amazon.co.jp/
日本版公式 フジテレビ公式HP SUITS/スーツ https://www.fujitv.co.jp/SUITS/
字幕版公式 USAネットワーク Suits https://www.usanetwork.com/suits

まとめ:M&A online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

2017/02/24

「洋服の青山」で知られる紳士服業界首位の青山商事はスーツの市場縮小に対応して、M&Aを積極化している。2015年に靴やかばんの修理店「ミスターミニット」の運営企業を買収。スーツ以外の新たな収益源を育てる考えだ。