まんがが小説を飲み込んだ。スマホ向けコミック配信サービス「まんが王国」を運営するビーグリー<3981>が、「ノベルバ」を展開するノベルバを完全子会社化した。 

ビーグリーの売上高約91億円に対し、ノベルバの売上高は約2090万円で、業績に与える影響は小さそうだが、まんがの電子化率が50%なのに対し、小説などの文字ものの電子化率は5%と伸びしろには大きく、今後小説の急成長が予想される。 

さらにノベルバにはアプリ開発力があり、まんが王国アプリの改善や新しいサービスの開発などに活用することができそう。

 ビーグリーはノベルバの完全子会社化を機に、電子書籍ビジネスと、電子書籍以外の新しいビジネスを育て、2021年12月期には150億円の売上高を目指す。3年間で1.6倍に拡大する計算だ。

ダウンロード数9億冊を突破

ビーグリーは2004年に設立したビービーエムエフがスタート。2006年に携帯電話向けのコミック配信サービス「ケータイ★まんが王国」を始め、現在の事業の骨格を作り上げた。

2011年にはスマートフォン向けのコミック配信サービス「まんが王国」を開始。2018年9月には会員数が150万人を突破。2018年10月には、ダウンロード数が累計で9億冊を突破した。この間2度のM&Aを実施し、ノベルバは3度目のM&Aになる。

年月沿革と主なM&A
2004年10月 ビービーエムエフを設立
2005年8月 ジェイディスクを子会社化(2015年に清算)
2006年4月 携帯電話向けにコミック配信サービス「ケータイ★まんが王国」を開始
2008年9月 ニューを存続会社として吸収合併、商号をビービーエムエフに変更
2010年7月 まんが王国累計1億冊ダウンロード突破
2011年11月 スマートフォン向けコミック配信サービス「まんが王国」を開始
2014年5月 MNHを存続会社として吸収合併、商号をmenueに変更
2014年9月 商号をビーグリーに変更
2017年3月 東京証券取引所マザーズに上場
2018年3月 東京証券取引所市場第一部へ上場市場変更
2018年9月 まんが王国会員数150万人突破
2018年10月 まんが王国累計9億冊ダウンロード突破
2018年11月 ノベルバを子会社化