フランスの著名な映画批評家、アンドレ・バザンは言っています。
「映画の美学は現実を明らかにするリアリズムであるべきだ」と。

映画とは、各時代を映し出す、鏡の一つと言えるかもしれません。そしてその鏡は、私たちが生きる現代を俯かんして見るための手助けともなるのではないでしょうか。

“今”を見つめるビジネスマン/ビジネスウーマン必見!オススメの最新映画をご紹介します。

新聞記者
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

東京新聞・望月衣塑子記者は、官邸記者会見で不都合な真実について鋭い質問を発し続ける人物として知られる。

映画『新聞記者』は、望月記者の同名ベストセラー小説を原案に、制作当初からその続行が危惧されたほど、タブーとも言える領域へと果敢に踏み込んだ本格社会派ドラマ。

シム・ウンギョンと松坂桃李、日韓映画界を牽引する期待の若手俳優がダブル主演を務める。

新聞記者の【あらすじ】

東都新聞社会部に「医療系大学の新設」に関する極秘公文書が匿名のFAXで届く。

奇妙なことに、その大学の認可先は文科省ではなく内閣府、表紙には真っ黒に目を塗りつぶされた羊の絵が描かれていた。内部者のリークか?あるいは誤報を誘う罠か?社会部の若手記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)が真相を突き止めるべく取材を開始すると、外務省を失脚し現在は内閣府所属の神崎(高橋和也)が候補者として浮上する。

しかし神崎は、吉岡がコンタクトをとる前にビルから飛び降り死んでしまう。神崎の事件を独自に調査する吉岡。一方で、神崎の外務省時代の部下であり彼を慕っていた杉原拓海(松坂桃李)は、出向している内閣情報調査室(通称「内調」)が生前神崎をマークしていたと知りショックを受ける。

それぞれの立場で神崎の死の真相を追う二人。そこには官邸が進める恐るべき計画が隠されていたー・・・。

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ