フランスの著名な映画批評家、アンドレ・バザンは言っています。
「映画の美学は現実を明らかにするリアリズムであるべきだ」と。

映画とは、各時代を映し出す、鏡の一つと言えるかもしれません。そしてその鏡は、私たちが生きる現代を俯かんして見るための手助けともなるのではないでしょうか。

“今”を見つめるビジネスマン/ビジネスウーマン必見!オススメの最新映画をご紹介します。

ロケットマン公式サイト
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

エルトン・ジョンの半生を自伝ではなくミュージカル・ファンタジーとして描く

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

歴代最も売れたソロ・アーティストでありグラミー賞を5度受賞、数多くの名曲と功績を生み出し続けてきた生ける伝説エルトン・ジョン。『ロケットマン』はその半生をバイオピック(自伝映画)ではなくミュージカル・ファンタジーとして描く。

本作は、絶頂期はもちろん絶望期をも決して美化することなく、ありのままの“エルトン・ジョン”の姿をスクリーンに浮かび上がらせる。神童と呼ばれた子供期(1950年代)から作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会い、黄金期を経てアルコール、過食、セックス、ドラッグ、買い物等の依存に苦しみリハビリ施設に入所する時期(1989年頃)までに焦点を絞り語られる。

監督は2018年に爆発的ヒットを飛ばした『ボヘミアン・ラプソディ』で最終監督をつとめたデクスター・フレッチャー。『キングスマン』シリーズをきっかけに日本でも注目が高まるタロン・エガートンが、まるでエルトン本人と見間違うかのような熱演で観客を極上の音楽体験へと誘う。タロンが5ヶ月間、ピアノと歌のレッスンに明け暮れた成果をもとに、全編自らの声で歌った劇中の楽曲とパフォーマンスは、エルトン本人も絶賛した腕前であり必聴だ。

【映画『ロケットマン』のあらすじ】

往年の名曲に乗せ語られるエルトンの苦しみ

全身オレンジ色、キラキラとスパンコールに輝き、角のついた悪魔のようなド派手な衣装を着た男が一人、扉を開け放してやってくる。彼は世界的大スター、エルトン・ジョン(タロン・エガートン)。数々の依存症に苦しむエルトンは「身体を直したい。」とリハビリ施設にやってきた。円になって座り、耳を傾ける人々の前で自分自身について語りだす。

冷えきった関係の両親から愛情を十分に得られなかったこと、音楽の才能に突出し王立音楽院に入学するもロックに目覚め自分で曲を作るようになったこと、エルトンの唯一無二の親友であるバーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)との友情、輝かしい成功、恋人との蜜月と絶望、相手を傷つけ終わってしまった結婚生活・・・。まるで冒険ファンタジーのように輝かしく、悲劇小説のように苦しいその人生が、往年の名曲に乗せ語られる。本当の自分から目をそむけることなく生きることの尊さを教えてくれる。

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

次のページ【映画『ロケットマン』のみどころ】