クボタは子会社を通じて、ノルウェーのトラクター装着用作業機器メーカーKverneland ASA(クバナランド。売上高約602億円、営業利益約18億7000万円、純資産47億1000万円)に対して完全子会社化を目的に株式公開買い付け(TOB)を実施することを決議した。

Kvernelandはトラクター装着用作業機器を製造・販売し、欧州での高いブランド力を有する。クボタは水田作業の機械化技術を武器にアジア諸国で事業を展開しているが、事業拡大のため水田から畑作市場への進出を検討している。クバンランドを子会社化することで、クボタのトラクタと合った機器の開発による品揃えの強化や双方の販売ルートの活用などのシナジーを期待し、畑作市場への本格参入を図る。

TOBの買付価格は1株あたり約111円。

TOBの買付予定数は1億5430万9000株で、買付額は最大約171億円。

公開買付期間は2012年1月6日から2012年1月20日まで(延長する可能性もあり)。