3.払込後、ただちに「変更登記」をしよう

第三者割当増資を行ったら、会社の登記事項が変更されるので法務局で「変更登記」をしなければなりません。「対価支払い期間または払込後2週間以内」という期間制限があるので、早めに申請しましょう。

登記申請には以下の書類が必要です。

・変更登記申請書
・株主総会議事録
・取締役会議事録
・総数引受契約書
・株式申込書
・払込証明書
・資本金額の計上に関する証明書
・現物出資の場合、現物出資が行われたことを証する資料

第三者割当増資を利用するとスピーディに資金調達、資本提携や親子関係の構築を実現できるメリットがあります。今後の参考にしてみてください。

※上記はあくまでサンプルです。事案により内容は変わります。

文:福谷陽子(法律ライター)