節税対策の記事一覧

M&Aの節税対策、養子縁組とは

M&Aの節税対策、養子縁組とは

今回は相続税対策の1つとして有効な養子縁組について説明をします。養子縁組をすると相続対策になる理由は主に2つあります。一つは基礎控除が大きくなる、もう一つは生命保険の非課税枠が大きくなる、というものです。

記事を読む
M&Aの相続税対策、タワーマンション節税とは

M&Aの相続税対策、タワーマンション節税とは

相続税を算定するための相続税評価額はタワーマンションの上層階であっても下層階でもあっても大きく変わりません。このことを利用することによってタワーマンションを購入して節税することができるのです。

記事を読む
会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却すると中小企業のオーナーには大金が手元に入ることが一般的だ。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策について解説する。

記事を読む
[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?③

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?③

相続税対策として資産管理会社を作り、その会社へ資産を移し、子供に会社を継がせると、節税対策になるのでしょうか。節税対策はネガティブな想定事項も一応認識した上で、そのダメージを最小にする、あるいは、そもそも対策を行わない、などの判断も必要です。

記事を読む
[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その①

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その①

相続税対策として資産管理会社を作りその会社へ資産を移し、子供に会社を継がせる方が節税対策になると聞きますが、本当でしょうか。今回は、このような「相続税対策として資産管理会社を作り」のスキームについての大きな枠組みについてご説明します。

記事を読む
【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

節税対策をするときと、M&Aで第三者に会社を売却(譲渡)するときでは、同じ会社でも評価方法が異なります。節税対策をしている会社を売却するときには、どう評価されるのでしょうか

記事を読む
確定申告で間違いやすい医療費控除 インフルエンザの予防接種は対象外

確定申告で間違いやすい医療費控除 インフルエンザの予防接種は対象外

確定申告が2月16日から始まる。医療費控除の申請をする際、インフルエンザの予防接種は対象外なのでご注意を。

記事を読む
【法人税】社葬費用は会社の費用として認められるか

【法人税】社葬費用は会社の費用として認められるか

本日のテーマは、「社葬・お別れの会」は会社の費用として認められるか、です。事前に税務署で「OK」と言われても費用として認められる保証はなく、現実には税務調査の時に色々と判断が下されるようです。

記事を読む
【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

M&Aにかかる税金のなかで注意が必要なのが「所得税」と「法人税」です。売り手にとっては手取りの増加、買い手にとっては節税メリットとなります。タックスプランニングについては、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

記事を読む
「第二次納税義務の判例まとめ」 (完)

「第二次納税義務の判例まとめ」 (完)

前回・前々回に続き、節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが[国税徴収法] 第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。

記事を読む
「グッドバッド方式と第二次納税義務」

「グッドバッド方式と第二次納税義務」

前回に続き、節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが[国税徴収法] 第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。(M&A Online編集部)

記事を読む
[国税徴収法] 「M&Aでも要注意! 第二次納税義務」

[国税徴収法] 「M&Aでも要注意! 第二次納税義務」

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。

記事を読む
保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

損金算入できる生命保険をかけることで利益を圧縮し、支払う税金を減らしていると思い込んでいる会社は多くはないだろうか?

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】株式を集約して会社を売りたい。節税の方法は?

【専門家が答えるM&A相談】株式を集約して会社を売りたい。節税の方法は?

M&Aが成立しましたが、買い手の要望で株を集約することに。税金を抑える方法は?

記事を読む