米IBMは2018年10月28日、商用・非商用を問わず無償で利用、修正、頒布できるオープンソースの基本ソフト(OS)「リナックス」ベースのソフトウエアを手がける米レッドハットを、340億ドル(約3兆8200億円)で取得すると発表した。IBMにとっては過去最大の買収となる。

「クラウドの世界をリセットする」と意気軒高なIBM

狙いは「Amazon Web Services」(AWS) や「Google Cloud Platform」(GCP) 、「Microsoft Azure」 などの後塵を拝しているクラウドコンピューティング(クラウド)サービスでの巻き返しである。バージニア・ロメッティIBMの会長兼CEOは「今回の買収よってクラウドの世界をリセットする」と意気軒昂だ。しかし、そう簡単に事が進むのだろうか。

IBMも「IBM Cloud」で、ライバル各社と同様のパブリッククラウドサービスを展開している。大きな違いは、大手企業向けの情報処理システムでスタートした出自から、大手企業が自前で構築する「プライベートクラウド」と複数の企業が共有する「パブリッククラウド」の二本立てで利用する「ハイブリッドクラウド」を目指していることだ。

長年の基幹業務システムの運用で大量のデータ資産を持つ大手企業にとっては、レガシー(遺産)システムをクラウドに移行しやすいというメリットがある。同時にプライベートクラウドの「障害時のコントロールができない」「一部のサードパーティーのサービスが使えない」や、パブリッククラウドの「高コスト」「こまめなリソースの追加や削減には向かない」というデメリットを、ハイブリッドクラウドによって解消できるとIBMは主張してきた。