日本を取り巻く軍事的脅威について、主に在日米軍の視点から最新の映像でわかりやすく解説するビデオ番組。ケーブルテレビ(CATV)や通信衛星(CS)放送、ネット動画配信サービスなどで歴史番組を配給するヒストリーチャンネルの番組だ。

「Defending JAPAN」は日本法人のエーアンドイーネットワークスジャパン合同会社が制作した。

国土は狭いが軍事的な防衛が難しい日本

第1話では総論として、日本の本土防衛の難しさと日米同盟の重要性が語られる。日本の国土面積は米モンタナ州とほぼ同じだが、北海道から沖縄までの総延長はカナダからメキシコに至るほど長い。

長大な海岸線と経済海域を持ち、外部からの軍事侵攻を食い止めるには厳しい。さらに東アジアから太平洋へ抜けるための地理的要衝となっており、ロシアのウラジオストック港から中国の上海港に至る主要港湾機能を左右する地政学的な「ホットスポット」でもある。

第1話の「迫り来る脅威」では、世界でも米軍に次ぐ軍事力を持つ中国人民解放軍やロシア極東軍、弾道ミサイル兵器の開発を進める北朝鮮軍を、日本の軍事的脅威と位置づける。短期的な脅威を北朝鮮軍、中・長期的な脅威を中国軍と定義し、日本の防衛政策について分析していく。

この定義は順当といえるだろう。日本の防衛では北朝鮮の脅威が声高に叫ばれるが、陸軍兵力こそ中国に匹敵するものの、海軍力がぜい弱で上陸作戦はまず不可能。航空兵力も旧式機ばかりで日本の制空権を奪うどころか特攻覚悟の空襲編隊ですら日本海で1機残らず撃墜されるのが目に見えている。

唯一、有効なのが弾道ミサイルによる攻撃だが、その後が続かない。米軍による報復攻撃で金正恩体制が短期間のうちに崩壊するのは必至で、日本本土での中・長期的な戦闘は起こりえない。とはいえ独裁国家ゆえに、いきなり暴発する可能性もある。

第2話の「ミサイル防衛」では、北朝鮮軍の暴発に備えた日米の弾道ミサイル防衛網を紹介。対北朝鮮のミサイル防衛では前半にイージス艦や陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)で自衛隊の装備、後半には三沢基地(青森県三沢市)の米空軍F-16編隊によるミサイル基地の先制攻撃について解説する。