世界に劣るわが国の文化予算

劇団の収入は、チケット代や映像化収入、グッズの販売と単純です。しかし、ヒットするかどうかは、予測がつきません。

支出は舞台の制作費(照明、衣裳、舞台装置など)、劇場使用料、スタッフの人件費、地方公演の移動交通宿泊費、そして役者のギャラなど、複雑で多岐にわたります。チケットの売れ行きが悪いからといって、照明や衣装にかかる費用を途中で削るといったことができません。

収入と支出の予測が立てづらく、極めて難しい商売なのです。

また、演劇などの文化芸術に対する、日本の冷めた目も、運営の難しさを一層厳しいものにしています。下の表は国家予算に占める文化予算の割合です。

文化予算と寄附額
文化芸術関連データ集より「文化予算と寄附額」


日本の文化予算の割合は0.11%(1032億円)。フランスの1.06%(4474億円)、韓国の0.87%(1418億円)などと比べると見劣りします。

アメリカは0.03%(806億円)と少ないですが、一方でGDPに占める寄付の割合が1.67%(20兆4000億円)と莫大。日本は0.13%(6300億円)に過ぎません。

文化・芸術を発信する劇団は、自治体や企業の支援に過度な期待もできず、暗中模索を続けている状態なのです。

今回のネビュラプロジェクトの倒産は、芸術のありかたと経営の難しさを突き付けるものとなりました。

麦とホップ@ビールを飲む理由