企業のことを知るには、企業ホームページやIR資料などをチェックするのが王道ですが、企業ミュージアムや工場などを訪れてみるのも一つの手です。
そこで、数多あるスポットの中から、大人も楽しめる社会科見学スポットを紹介します。
今回参加したのは、JALこと日本航空<9201>の工場見学、「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」。JALのメインテナンスセンターを訪ねました。

見どころ盛りだくさんの展示エリア

受付は工場見学の30分前からスタート。入館カードを受け取って、いざ入館! 工場見学のプログラムにも展示エリアを見る時間は設けられていますが、展示物が多いので受付時間きっかりに入館して、ひととおり見て回っておくのがおすすめです。
展示エリアには、航空整備士や空港スタッフ、客室常務員やパイロットなどのお仕事紹介コーナーがあるほか、日本航空の歴史をまとめた大年表や歴代のオリジナルグッズ、ポスターや機内誌など、さまざまな史料が並んでいました。
およそ70年におよぶ日本航空のあゆみも、振り返ってみるとさまざまな出来事があったと思い知らされます。

日本航空の沿革
1951年 日本航空(株)設立(資本金1億円)
1953年 日本航空株式会社法(日航法)が公布・施行
1953年 日本航空(株)は解散し、日航法に基づき、新たに半民半官の特殊会社日本航空(株)を設立(資本金20億円)
1954年 昭和天皇・香淳皇后が日航機に初搭乗。以降、皇族ら国の要人のフライトを担う
1961年 東京証券取引所第2部に上場
1963年 日本航空整備を吸収合併
1970年 東京、大阪、名古屋の各証券取引所第1部に上場
1985年 JAL123便墜落事故(8月12日)。死者520人。日本の航空史上最大の惨事に
1987年 日航法が廃止となり、完全民営化へ
2002年 日本エアシステムと経営統合し、日本航空システムが発足
2004年 日本航空システムから日本航空に社名変更
2007年 国際的航空アライアンス「ワンワールド」に正式加盟
2008年 日本アジア航空を吸収合併
2009年 経営再建の一環としてグループ会社、北海道エアシステムの経営から撤退
2010年 会社更生手続きを申請(1月19日)
2010年 京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が会長兼グループCEOに就任。同氏に再建が託される(2月1日)
2010年 上場廃止(2月20日)
2010年 日本航空インターナショナルを存続会社に、持ち株会社の日本航空とジャルキャピタルと合併(12月)
2011年 会社更生手続き終了(3月28日)
2011年 日本航空インターナショナルから日本航空株式会社に社名変更(4月)
2012年 破綻から2年8カ月で、東証1部に再上場(9月)
2014年 ジャルエクスプレスを吸収合併。北海道エアシステムを再子会社化