1967年にリカちゃんが誕生してから今年で50年。その半世紀の歴史の中で、数々のライバルたちがいたのは言うまでもない。その代表格ともいえるのが、バービーとジェニー。着せ替え人形で遊んだことがある人なら思い浮かぶ名前ではないだろうか。実はそのいずれにもタカラ(現タカラトミー)が関係しているのはあまり知られてはいない。そして、その裏にはライセンス契約に関連する複雑な事情があった。そこで今回、M&A Online編集部では、この3人を巡る“大人な関係”を紐解いてみた。

戦友のようなバービーとリカちゃん

三者の中で最も歴史が古いのはバービーで、1959年に米国のマテル社から発売された。面白いことに、初期のバービーは日本で製造されていたとのこと。当時の日本の人件費が安く、繊維業も盛んであったために人形本体と衣装をまとめて発注することができたからだという。日本でのバービーの販売は、株式会社国際貿易によって1962年にスタートした。しかし、リカちゃんに5年先行してはいたものの、発売当初から販売数はあまり伸びず、リカちゃんの登場で市場からいったん撤退することとなる。
そんなバービーに救いの手を差し伸べたのは、意外にもリカちゃんを擁するタカラだった。1980年ごろにタカラはマテル社と提携し、バービーの輸入代行販売を開始。さらに、1982年には、タカラはマテル社からバービーの製造販売のライセンスを取得してオリジナルのバービー、いわゆる「タカラ・バービー」を発売した。従来のバービーからより日本人向けに変更され、一時はリカちゃんを追い抜くほどの人気に。リカちゃんが11歳の小学5年生というのに対し、バービーは17歳の高校生。リカちゃんが親近感を感じられる等身大の存在であるのに対し、バービーはファッショナブルで少し大人っぽいといったように、きちんと住み分けがなされており、両者は日本の着せ替え人形市場を牽引していくこととなった。

バービーからジェニーへの華麗なる転身

しかし、順調に思えたリカちゃんとバービーの関係も1986年にタカラとマテル社とのライセンス契約が切れたことで一転する。ライセンス契約がなぜ継続されなかったのか確かな理由は不明だが、これまでバービーの名前で子どもたちに親しまれていたものをどうするかという問題が勃発。タカラが出した苦肉の策がバービーの改名だった。こうして、ジェニーが誕生する。つまり、ジェニーはバービーだったのだ。タカラが用意したストーリーは次のとおり。ミュージカル「ジェニー」のプロデューサーに見出されたバービーが、このミュージカルで大成功を収め、役名であるジェニーの名前を襲名したのだそうだ。バービーの販売も好調だっただけに、この筋書きは大々的に新聞広告やテレビCMにも打ち出された。ジェニーが子どもたちに自然に受け入れられるよう、当時のタカラは必死だったに違いない。