キャラメルボックスの作品は、一貫して「わかりやすさ」にこだわっており、人の可笑しさや悲しさを温かい目線で見つめていました。これは宮崎アニメの世界観そのもの。それが若い女性を惹きつけたのです。

容疑者xの献身
人気小説「容疑者xの献身」を舞台化(プレスリリースより)


作品創造のシステム化に至らなかった

演劇がヒットする要素は2つあります。1つはスターがいること。もう1つは、普遍的な作品を安定して供給することです。

前者の典型的な例が役者にファンをつける歌舞伎です。後者が全国に専用劇場を設ける劇団四季です。この2つは、演劇のヒット要素をシステム化し、末永く集客できるプロセスを作り上げました。

キャラメルボックスは、上川隆也さんというスターが一般的な認知を獲得し、成井豊氏が優れた作品を生み出して長期的な集客に成功しました。

宣伝活動やマーケティングも先進的でした。演劇ジャンルでいち早くDVDに注目し、販売しています。2015年にはDMM.comで公演映像の配信サービスも開始していました。

高校演劇部でも人気があり、一部作品の台本を出版して上演しやすい形にしています。演劇振興に貢献しつつ、キャラメルボックスファンの裾野を広げていったのです。

しかし、結果としては34年で幕を閉じることとなりました。成井豊氏の作家性に依存してしまい、作品を生み出すプロセスをシステム化できなかったことが、衰退を招いた原因の一つと考えられます。

また、2.5次元というマンガ・アニメと演劇を融合させた新しいエンターテイメントが、女性客を刈り取りました。この演劇形態は台本を人気マンガ・アニメに依存しているため、作品を安定的に舞台化することができます。

演劇をシステム化しなければならないのはなぜでしょうか。

収支モデルを正確に組むためです。