menu
Social media

ビジネス

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<11> 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(2016年)

Cover 24efece0 de46 437f af63 6b606b5e0056

経済や金融業界のリアルな姿を垣間見たいのなら、映画がおすすめ! 特に本を読むのが苦手な人や異業種で働く人には、映像で見るのは分かりやすく、2時間程度なので手っ取り早い。実話をベースにした作品もあるので、世の中の経済事件を理解するのにも一役買ってくれる。多少専門用語も出てくるものもあるが、映画をきっかけに勉強してみるのもおすすめだ。エンターテインメントとしても楽しめる、おすすめの1本を紹介する。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(2016年)

マクドナルドを世界最大のハンバーガーチェーンにしたレイ・クロックの半生とともに、マクドナルドの誕生秘話を描く。ちなみに、内容も内容だけに、本作はマクドナルド非公認とのこと。2017年7月29日公開。

【あらすじ】

舞台は1950年代のアメリカ。52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、一度に5つのミルクセーキが作れるマルチミキサーを売るセールスマン。ある日、一つの店から8台ものオーダーが入り、どんな店なのか興味本位で見に向かう。それが、ディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店「マクドナルド」だった。効率的な動きの流れ作業 “スピード・サービス・システム”、徹底的にコストを削減しつつも高品質を保つというコンセプトを目の当たりにしたレイは、「マクドナルド」にビジネスチャンスを見出す。兄弟と契約を交わし、フランチャイズ展開を進めていくが、利益を追求するレイと品質を第一に考える兄弟との関係は急速に悪化していってしまう。

【見どころ】

ファウンダー(創業者)は誰なのか?

手づくりにこだわりながらも、効率的なハンバーガーづくりのシステムを生み出し、ハンバーガーショップ「マクドナルド」を人気店にしたディック&マック兄弟。普通に考えれば彼らが創業者だが、世界的ハンバーガーチェーン「マクドナルド」の創業者という意味ではレイ・クロックになる。“創業者”はその定義によって変わり、タイトルにはそのあたりの皮肉が込められているのだろう。アイデアとしてはディック&マック兄弟、ビジネスとしてはレイ・クロック。半ば強引な形ではあるが、最終的には「マクドナルド」という名前を含め、レイが兄弟から270万ドルで商権を買い取る形で決着がつく。兄弟のアイデアを既に知っているのだから、レイはアイデアだけを使って別の店を立ち上げることもできたはずだ。それでもレイが「マクドナルド」という名前にこだわる姿には、少し歪んだ形ではあるが、マクドナルドに対する愛情を感じずにはいられない。

エンタメ・映画

NEXT STORY

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<12> 「ハゲタカ」(2009年)

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<12> 「ハゲタカ」(2009年)

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回取り上げるのは「ハゲタカ」。ドラマの続編となる映画では、中国系ファンドと鷲津との戦いが描かれており、時代を象徴するかのような1本だ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c