menu
Social media

ビジネス

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<14> 「スティーブ・ジョブズ」(2013年・2015年)

Cover eb882597 aee1 4592 9e6e 1cf88e3b743a

経済や金融業界のリアルな姿を垣間見たいのなら、映画がおすすめ! 特に本を読むのが苦手な人や異業種で働く人には、映像で見るのは分かりやすく、2時間程度なので手っ取り早い。実話をベースにした作品もあるので、世の中の経済事件を理解するのにも一役買ってくれる。多少専門用語も出てくるものもあるが、映画をきっかけに勉強してみるのもおすすめだ。今回は、同一人物の半生を描いた同タイトルの2本を紹介する。

「スティーブ・ジョブズ」(2013年・2015年)

「スティーブ・ジョブズ」(2013年)
「スティーブ・ジョブズ」(2015年)

2013年版(写真左)は、アシュトン・カッチャー主演。ジョブズの学生時代から1997年にアップルに復帰するまでが主に描かれている。完全ドキュメンタリーではないので演出部分もあるが、ジョブズやアップルの足跡を理解するには十分だ。
一方、2015年版(写真右)は、マイケル・ファスベンダー主演のダニー・ボイル監督作品。マッキントッシュやiMacといった節目となる発表会前のジョブズに焦点を当てて、その気難しい性格や当時ジョブズが置かれた立場、内面に抱える葛藤などをテンポよく描き出している。

【見どころ】

アップル伝説のCM「1984」

2作ともに登場するこのCMは、「エイリアン」や「ブレードランナー」などで知られるリドリー・スコット監督によるもの。まさに映画さながらの作品だ。マッキントッシュの発売を告げるこのCMは、1984年1月のスーパーボウルのCMとして放映された。ジョージ・オーウェル著「1984」を元にし、独裁者(=IBM)による暗黒の未来を、ハンマーを持った女性(=アップル)が打ち砕くというメッセージが込められている。

<2013年版>
ジョブズの先を見る力

2013年版で、友人スティーブ・ウォズニアック(ウォズ)が作ったコンピューターのターミナルボードを見てそこに勝機と商機を見出すジョブズの姿が描かれており、そこからApple創立へとつながっていく。実は、ウォズは当時勤めていたヒューレット・パッカード社の上司に基板を見せて商品化するよう提案していたのだが、その提案は却下されていた。さらに当時ジョブズが勤めていたアタリ社にも打診したというが、そこでも商品化は実現しなかったという。コンピューターが一般家庭にまで普及するほどパーソナルなものになるとは想像すらしていないことがうかがえる。

緊張の取締役会

2013年版は、アップルが単なるギーク集団のスタートアップからIPOを経て株式会社として成長していくダイナミックさがわかると同時に、取締役会の存在の大きさを感じずにはいられない。ジョブズがアップルを追い出されるときも、アップルに戻って再びCEOとなるときも、緊張感たっぷりの取締役会シーンはその根回しの重要性も物語っている。

エンタメ・映画

NEXT STORY

新型iPhoneやiOSに搭載された新機能。これらの技術にはM&Aが関わっていました。

新型iPhoneやiOSに搭載された新機能。これらの技術にはM&Aが関わっていました。

今月(2017年9月)、新型iPhoneやiOS等の発表がありました。この発表には顔認識やAR等、新技術の情報が含まれていましたが、これらの技術に実はM&A(企業買収)が関わっています。今回はiPhone関連の買収の話題と、アプリの開発言語であるSwiftを紹介します。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586