menu
Social media

ビジネス

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<6> 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)

Cover b45e63b3 9f03 4ac2 babe 2d536b3efc7b

経済や金融業界のリアルな姿を垣間見たいのなら、映画がおすすめ! 特に本を読むのが苦手な人や異業種で働く人には、映像で見るのは分かりやすく、2時間程度なので手っ取り早い。実話をベースにした作品もあるので、世の中の経済事件を理解するのにも一役買ってくれる。多少専門用語も出てくるものもあるが、映画をきっかけに勉強してみるのもおすすめだ。エンターテインメントとしても楽しめる、おすすめの1本を紹介する。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)

ウルフ・オブ・ウォールストリート

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオがタッグを組んだ5作目。株式ブローカーのジョーダン・ベルフォートによる回想録「ウォール街狂乱日記 『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」を映画化した。ディカプリオは、この映画の製作権利をブラッド・ピットと競り合ったそうだ。本作でディカプリオはゴールデン・グローブ賞 主演男優賞を受賞。この狂気に満ちた迫真の演技は、アカデミー主演男優賞にもノミネートされた。3時間の大作であるものの、スピード感ある展開で長さはあまり気にならないはずだ。

【あらすじ】

舞台は1980年代から90年代のニューヨーク、ウォール街。一攫千金を狙うジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は大手証券会社に入社するも、トレーダーとしての初日がまさかの「ブラックマンデー」(1987年10月19日)で失業してしまう。1株1ドル以下だが手数料は50%というペニー株を扱う小さな証券会社に再就職して荒稼ぎをし、26歳で独立。ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)と共にストラットン・オークモント社を立ち上げ、ペニー株を金持ち相手に売りさばき、非合法なやり方で巨万の富を築いていく。稼いだ金を派手に使い、ドラッグにセックス三昧の狂乱の日々を送っていくが……。

【見どころ】

株屋の抱える精神的重圧

冒頭のマシュー・マコノヒー演じる凄腕証券マンのランチでの奇行っぷりは、まさに序章。ウォール街の証券マンが日々の数字を相手にどれだけ追い込まれ、緊張状態で働いているのかがうかがえる。彼から株屋のルールを学ぶジョーダン。その第1のルールは、客に繰り返し投資をさせて書面上で金持ちになったと思わせておきながら、取引を重ねることで株屋である自分たちはしっかりとリアルな金“手数料”をとっていくというもの。そして株屋で成功する2つのコツは「常にリラックスする」「コカイン」だとも教わる。まるでその後のジョーダンの人生を予感させるようなアドバイス。映画で「fuck」という言葉が500回以上使われているのも、そんな株屋の精神不安定さを象徴するかのようだ。その使用回数は、ドキュメンタリーでない映画で史上最多だという。

エンタメ・映画

NEXT STORY

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<7> 「不撓不屈」(2006年)

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<7> 「不撓不屈」(2006年)

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回は「飯塚事件」を題材にした高杉良原作の「不撓不屈」。国を相手に屈することなく自身の正義を貫いた税理士・飯塚毅の半生を描く。


注目の記事

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f

創業家の内紛シリーズ(1)ビジネスライクな争い編

今回から3回にわたり、「創業家の内紛シリーズ」として、創業家が関係する近年の内紛を振り返ってみたい。第1回目は「ビジネスライクな争い編」としてクックパッド、出光興産、ほっともっとの3社を取り上げる。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559
Thumb 43306be0 5603 473a ba0d e1f7a661c499