企業のことを知るには、企業ホームページやIR資料などをチェックするのが王道ですが、企業ミュージアムや工場などを訪れてみるのも一つの手です。
そこで、数多あるスポットの中から、大人も楽しめる社会科見学スポットを紹介します。

今回訪れたのは、大人だからこそ楽しめる「ヱビスビール記念館」。ちょっと珍しいのが、企業ではなく、その商品ラインナップのうち、一つのブランドを紹介するというところです。

2018年6月中間決算で、ビール大手4社のうち唯一減収となってしまったサッポロホールディングス<2501>。その原因の一つとして、ヱビスの苦戦が挙げられていましたが、館内には次から次へと来館者が訪れ、かなりの活気に満ちていました。

自由に見学することも可能ですが、ヱビスビールを知り尽くしたエキスパート「ブランドコミュニケーター」が案内するツアー(ビール2杯試飲付きで一人500円、ソフトドリンクの場合は一人300円)がおすすめです。

ビールに歴史あり。躍進の草創期

まずは、ヱビスビールの歴史を貴重な資料や映像とともにたどっていきます。特に草創期は知られざる部分も多く、思わず「へえー」となってしまうことがたくさんありました。

1887(明治20)年、日本各地に100~150ものビール醸造所ができる中、「日本麦酒醸造会社」が設立。ビール事業は設備費など潤沢な資本が必要とされるため、三井物産会社が資本参加し、1890(明治23)年にはじめて造られたのが「恵比寿ビール」です。ビールの本場・ドイツの製法にこだわったビールは、外国人からも評価が高く、瞬く間に人気商品になったといいます。とはいえ、当時のビールは1本20~30銭(3000~4000円)というから、まだまだ高級品でした。偽ビールも出回ったほどの人気だったようです。

こちらは発売当初の「恵比寿ビール」。ラベルや瓶のデザインの変遷を見ていくのも楽しいです