「画面大型化」と「高価格化」が最大の懸念材料

いずれの情報でも気になるのは4インチの「SE」に比べると、画面が大型化していることだ。iPhoneに限らず、スマホは大型化の傾向にある。そうしたスマホ市場の流れに逆らって小型化した「SE」は、女性はじめ小さい手のユーザーでも画面操作がしやすいため好評を得た。小型スマホを求めるユーザーは今も多く、大型化した「SE」後継機が果たして受け入れられるだろうか。

さらに深刻なのが価格。PC-Tabletは「SE」後継機である「XE」の価格を600ドル(約6万6900円)からと予想している。これは有機ELパネルに加えて、Face IDなどの最新技術や大容量のメモリーを実装する可能性が高いためだが、399ドル(約4万4500円)からだった「SE」に比べると割高感は否めない。

現行低価格機「XR」の749ドル(約8万3500円)からに比べれば、挑戦的な価格設定なのだろう。しかし、iPhoneのようなブランドイメージが高い商品は「中途半端」が一番怖い。大胆な低価格化か、さもなくば徹底的に高機能化して価格を高めに設定するかの、いずれにしか「勝機」はない。

現行の低価格モデル「XR」や、「5s」の低価格版「5c」が失敗作となった教訓は生かすべきだろう。現実にどうなるかは全く予想できないが、現在流れている「噂」が真実だとすれば「SE」後継機は失敗に終わる可能性が高い。同機が成功するとすれば「最新の機能を、驚くべき低価格で供給する」しかないのだ。

iPhone初の失敗作となった低価格機の「5c」(Photo by Kārlis Dambrāns)

初代「SE」はボディーこそ旧モデルの「iPhone 5s」と同じながら、2世代後の「iPhone 6s」と同じ当時としては最新のCPUや背面カメラを搭載するなど、決して「中途半端」な低価格機ではなかった。

「iPhone X」から「XS」へと続く「高級化路線」の失敗から「低価格化(による普及)路線」に舵を切ろうとしているアップルだが、それが「安かろう悪かろう」ではかえって傷口を広げるだけだ。

文:M&A online編集部