記事一覧

【M&Aインサイト】株式買い取り請求権制度の利用

【M&Aインサイト】株式買い取り請求権制度の利用

合併や経営統合などの企業再編に反対した株主が、保有する株式を企業に買い取らせる「買い取り請求権」の行使が一般的になっている。専門家が株式買い取り請求権の行使手続きなどを解説。

記事を読む
(前編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

(前編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

東芝は、税引前利益の要修正額が累計でマイナス1518億円となる多額の不適切な会計処理が、2008年度から14年度まで、長期間行われていたと発表。「不適切会計」と「粉飾決算」の違いはなにか。公認会計士の新井康友氏がわかりやすく解説する。

記事を読む
失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】IT企業を買収したい。特有の法務リスクはある?

【専門家が答えるM&A相談】IT企業を買収したい。特有の法務リスクはある?

当社の提案に組み込みたい営業支援関連のツールを提供しているIT企業を買収しようと考えています。法務的なリスクとして、どのような点に気を付けるべきですか?

記事を読む
今から始めたい事業承継対策とは?

今から始めたい事業承継対策とは?

国内企業の経営者の高齢化が進み、後継者問題がいっそう深刻になっている。経営者は後継者問題にどのように向き合っていけば良いのか、専門家に聞いた。

記事を読む
日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(後編)

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(後編)

「日本のM&A。その潮流」(下)では、日本ならではのM&Aの特徴とその背景について伺う。日本と海外の雇用慣行の違いを発端とした、日本特有のM&A事情とは――宮島教授に問う。

記事を読む
M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

日本の中小企業の多くは、オーナー経営者の高齢化などに伴う事業承継の課題に直面している。こうした中、最近注目されているのがM&Aを活用した事業承継、事業再生。事業再生やM&Aに詳しい松村正哲弁護士に聞いた。

記事を読む
【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

2014年より世界の各言語圏でレシピ・サービスを買収し世界展開を本格化したクックパッド。国内最大級レシピ・サービスのM&A戦略と潤沢な現預金から生み出される次の一手は?

記事を読む
事業承継型M&Aのメリット

事業承継型M&Aのメリット

全体の半数以上の経営者が後継者問題に悩んでいる現在、後継者を育てるのは難しい。そんな中、後継者問題の選択肢として事業承継型M&Aがある。専門家に話を聞いた。

記事を読む
日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

日本のM&Aにとって、一つの節目の年代だった1999年。99年以降、現在の3大メガバンクを中心とした大規模な銀行再編など、統合型のM&Aが多く行われ、自社株式を用いた買収が頻繁に行われた。近年の日本のM&Aを宮島教授に問う。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】民事再生中の企業のスポンサーになりたい。どうすればいい?

【専門家が答えるM&A相談】民事再生中の企業のスポンサーになりたい。どうすればいい?

飲食店チェーンを経営しており、民事再生を目指すラーメン店チェーンがあれば、スポンサーになって割安に事業を譲渡してもらいたいと考えています。どうすればいいですか?

記事を読む
【M&Aインサイト】ドメスティック企業がIFRSを適用して得る5つのメリット

【M&Aインサイト】ドメスティック企業がIFRSを適用して得る5つのメリット

IFRSはグローバル企業のもの、日本のドメスティック企業には適していないと思われているが、実はさまざまなメリットがある。専門家ならではの子細な分析が読み解く。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】買いたい企業に「未払い残業」の恐れ。どうする?

【専門家が答えるM&A相談】買いたい企業に「未払い残業」の恐れ。どうする?

自社に関連する販売代理店を買収することで合意しました。しかし、その会社には未払い残業代があることが最近判明しました。どのように対応すればよいのでしょうか。

記事を読む
【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

国内では既に知名度・店舗数ともに十分であり、ほかのコンビニエンスストアチェーン本部をM&Aで取得する必然性は薄い。高級路線の百貨店や、認知度の高い専門店の獲得など、業態の多様性を志向したM&A戦略から、次の一手を探る。

記事を読む
【知っ得】高額な株の相続税対策は?

【知っ得】高額な株の相続税対策は?

相続は「早いうちに少しずつ」が節税の第一歩。そのポイントとは?

記事を読む
【質問】節税効果もある?「概算取得費」とは?

【質問】節税効果もある?「概算取得費」とは?

取得価額が分からないときに使う「概算取得費」とは?

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】株式を集約して会社を売りたい。節税の方法は?

【専門家が答えるM&A相談】株式を集約して会社を売りたい。節税の方法は?

M&Aが成立しましたが、買い手の要望で株を集約することに。税金を抑える方法は?

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】「死んだら株をやる」で億単位の税金?

【専門家が答えるM&A相談】「死んだら株をやる」で億単位の税金?

会社を経営している父から、「死んだら株をやる」と言われました。いったいどれくらいの価値になりそうですか?

記事を読む
【時事】そんなのアリ? 日本IBMの巨額節税のカラクリ

【時事】そんなのアリ? 日本IBMの巨額節税のカラクリ

IBMは過去に行った巨額の節税に関する訴訟で地裁、高裁と勝訴が続いている。どのような争点があるのだろうか。

記事を読む
【時事】ヤフーのM&Aをめぐる追徴課税は何が問題なのか?

【時事】ヤフーのM&Aをめぐる追徴課税は何が問題なのか?

ヤフーは、M&Aをめぐる赤字の算入に関連した訴訟で敗訴が続いているようだ。どのような訴訟で、どういった争点があるのだろうか。畑中孝介税理士に聞いた。

記事を読む
【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

M&Aというと海外を舞台にした大がかりなもの、と考える人も多いが、国内の中小企業でも実は盛んに行われている。後継者不在の地方都市にて、ドラッグストアチェーンを営む夫妻の例を見てみたい。

記事を読む
【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

テンプスタッフは、積極的にM&Aを実行している企業の一つである。上場前から活発にM&Aを行っていたが、当時のM&Aは主にフランチャイジーを整理するためと見られる合併や買収であった。

記事を読む
【M&Aインサイト】白書が語る後継者不足の現状

【M&Aインサイト】白書が語る後継者不足の現状

内閣府の2014年版「高齢社会白書」で、国内の高齢者(65歳以上)の人口は過去最多の3,190万人に達し、4人に1人が高齢者となった。企業経営者の約3割が65歳を超えており、国内企業の3分の2が後継者不在の問題を抱えている実態が明らかになった。

記事を読む
【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

リゾートトラストは、1973年に名古屋市中区に設立され、事業は大きく2つに分類される。会員制リゾート事業(会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業)とメディカル・シニアライフ事業(メディカル事業)の2つである。

記事を読む
【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

当事者以外も多くの関係者が関わり、さまざまな立場を調整しながら取り組むM&Aのプレーヤー達とは?

記事を読む