スミスフィールド・フーズとは

スミスフィールド・フーズは1936年に、ジョセフ・W・ルターとその息子によって、バージニア州スミスフィールドで創業された。豚肉生産、食肉処理企業の大手企業に成長した。1980年代から、2013年に万洲国際グループに買収されるまで、スミスフィールド・フーズは米国内の食品会社などを次々と買収。1981年にGwaltney社を買収し、2008年には、EckrichやFarmland Industriesなど約40社を買収した。

スミスフィールド・フーズは米で500カ所以上の農場を所有する。さらに2000カ所の独立した農場と契約している。米国以外ではメキシコ、ポーランド、ルーマニア、ドイツ、英国に施設を持つ。

買収で、豚肉生産・食肉加工の世界最大手に上り詰める

スミスフィールド・フーズを買収した後、万洲国際グループは、豚肉生産・食肉加工で世界最大手の地位に上り詰めた。その後は、豚肉需要の高まりに対応するため、世界的なネットワーク構築に力を入れている。

買収で豚肉業界の世界の最大手となった万洲国際グループ。今後、中国、そして世界でどのように成長していくのか。

文:M&A Online編集部