ネクスグループは、ヴィレッジヴァンガードコーポレーションからエスニック雑貨の輸入販売を手がけるチチカカ(横浜市。売上高82億8000万円、営業利益△8億7000万円、純資産△22億円)の株式90%を取得し子会社化すると発表した。これにより、ネクスグループはアパレル小売業に再度進出する。

チチカカはららぽーとなどの大型ショッピングセンターをはじめとした国内137店舗を展開。しかし、売上拡大路線で急激な出店をしたため有利子負債が増加し2期連続の赤字、債務超過に陥っていた。ネクスグループは、チチカカでIoT(モノのインターネット)を利用した新サービスの提供やチチカカの小売ノウハウや店舗の利用が可能となることから買収を決めた。また、ヴィレッジヴァンガードがチチカカに対して保有する貸付債権も買い取る。チチカカの収益構造も改善が見込まれ、今期は黒字化が予想されている。

取得価額は1791円だが、貸付債権20億円については889万円で取得する。取得予定日は2016年8月1日。