ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ストックオプション事例研究】Klab 新株予約権(有償ストックオプション)発行

alt

Klab株式会社<3656>が下記要領にて有償新株予約権を発行しました。

発行日

発行価額

前日終値

行使価額

発行価額/時価

2016/3/4

4円/株

531円/株

531円/株

0.8%

新株予約権の数

希薄化効果

株価変動性

配当利回り

無リスク利子率

行使期間

5,000個
(1個当たり100株)

1.32%

78.64%

0.0%

-0.219%

4年

*希薄化効果 = 増加普通株式数 ÷ 発行済株式総数

プレスリリースへのリンク (http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1334725

また、この有償ストックオプションには下記のノックアウト条項が付されています。
ノックアウト条項:一定の条件を達成しなければ、ストックオプションの行使が出来なくなる条項)
平成 28 年 12 月期の本邦以外の外部顧客に対する売上高が 28 億円以上である場合に、割当てを受けた本新株予約権を行使することができる。」

つまり、この有償ストックオプションは割当者にとって、下記の意味があることとなります。

NEXT STORY

【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

2015/10/19

ストック・オプションの会計原則の変更が過去に行われ、2006 年5月1日以後にストック・オプションを発行する企業は、その付与時の公正な評価額を費用として損益計算書に計上することが義務付けられた。 専門家が解説する。