menu
Social media

法律・マネー

【ストックオプション事例研究】Klab 新株予約権(有償ストックオプション)発行

Cover 7e0cbf73 fb96 4d42 9f16 32eadc090e59

Klab株式会社<3656>が下記要領にて有償新株予約権を発行しました。

発行日

発行価額

前日終値

行使価額

発行価額/時価

2016/3/4

4円/株

531円/株

531円/株

0.8%

新株予約権の数

希薄化効果

株価変動性

配当利回り

無リスク利子率

行使期間

5,000個
(1個当たり100株)

1.32%

78.64%

0.0%

-0.219%

4年

*希薄化効果 = 増加普通株式数 ÷ 発行済株式総数

プレスリリースへのリンク (http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1334725

また、この有償ストックオプションには下記のノックアウト条項が付されています。
ノックアウト条項:一定の条件を達成しなければ、ストックオプションの行使が出来なくなる条項)
平成 28 年 12 月期の本邦以外の外部顧客に対する売上高が 28 億円以上である場合に、割当てを受けた本新株予約権を行使することができる。」

つまり、この有償ストックオプションは割当者にとって、下記の意味があることとなります。

企業価値評価・株価算定

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【ストックオプション事例研究】ダブル・スコープ新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】ダブル・スコープ新株予約権(有償ストックオプション)発行

今回は、ダブル・スコープの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344