menu
Social media

法律・マネー

実務者必見!「こっそり学ぶPPA(取得原価の配分)」第1回 PPAとは?

Cover e9f4ab7d e371 4f5c 92b0 b66c732ae7be

 PPA(Purchase Price Allocation:取得原価の配分)とは、M&Aにおける被買収企業の資産・負債の受入価格を買収企業において確定する会計処理であり、現在では、M&Aには必須の手続となっています。

 特に留意すべき点は、買収時点の貸借対照表に既に計上されている資産や負債だけでなく、オフバランスとなっている、いわゆる無形資産の計上が必要な点です。

 2010年の企業結合会計基準等の改正により必須となったPPAですが、未だ実務に定着しているとは言いがたい状況であり、一部のM&Aに慣れ親しんだ企業を除き、企業関係者からは「実際にどのように手続を進めればよいのかわからない」という声をよく耳にします。

 そこでPPAの実務について、数多くの無形資産価値算定業務に携わってきた実務家の観点から、企業担当者が留意すべき点についてご説明します。なお、文中意見にかかわる箇所は、個人的見解であることをあらかじめお断りします。

こっそり学ぶシリーズ

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

ワンストップ型ビジネスソリューションの巨人 IBM

ワンストップ型ビジネスソリューションの巨人 IBM

企業や公的機関にハード・ソフト・サービスを中心にワンストップ型のビジネスソリューション(戦略策定・分析・開発・運用保守など)を提供するIBM(International Business Machines Corp.)。この記事ではIBMのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。


注目の記事

Thumb a74d3946 3b82 4cfc b75b 60ab0694085b

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

Thumb be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
Thumb d90165c3 76c8 4aea 9ba4 1e345cdb709c
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c