2018年の中国自動車市場は前年比2.8%減の2808万台と、28年ぶりの減少になった。しかし、軒並み業績不振だった海外の自動車メーカーに対して、トヨタ自動車<7203>の新車販売台数は147万台と同14%も増加。ブルームバーグは、トヨタが今後10年間で中国での自動車生産を3倍にする予定とも報じている。トヨタの中国での現況について、海外メディアの論調を整理した。

景気減速期の中国社会のニーズに対応

米ニューヨーク・タイムズ紙は2月6日、トヨタの2019年3月期第3四半期決算報告を受けて「北米での売上が低迷する中、中国での成功が(北米の)マイナスを相殺した」とコメントした。理由として、景気停滞に伴うコスト重視志向が明らかな中国で、ブレッド&バター車(余分な装備や装飾のない実用的な車)需要が拡大していることを挙げ、「安くて勢いのある」(”cheap-and-cheerful”)新型「カローラ」や「レビン」といったセダン車が消費者の関心を集めていると説明している。

セダン人気でトヨタの中国販売は高成長を維持(同社ホームページより)

2018年のトヨタ車中国販売では、「カローラ」「レビン」「カムリ」がトップ3に。米中貿易問題の紛糾などで景気減速が深刻化し、中国の一般市民が自動車への支出を控えるようになったため、これら3車種の人気がクロスオーバーSUVの「RAV4」といった高額な大型モデルを上回ったと指摘。その一方で、消費者嗜好が二極分化しており、最高級ブランドの「レクサス」人気も根強いと述べた。

中国での自動車販売の減少には、小型車の購入減税の廃止と貿易問題が影を落としていると同紙は分析。2018年にこの30年近くで最も成長が鈍化した中国経済について、今年はさらに成長ペースが弱まるだろうと予測している。