menu
Social media

ビジネス

ウーバー復帰を目論むトラビス・カラニック氏の波乱万丈な人生

Cover 7293196c 936d 47bc b737 ea97be303f9b

トラビス・カラニック氏(1976年ロサンゼルス生まれ)は、配車サービス会社ウーバー・テクノロジーズの共同創業者。2010年から同社CEOとして辣腕をふるうも、今年6月に辞任。41歳にして、波乱に満ち、「ジェットコースター」になぞらえられる半生を紹介する。

「起業しては失敗」をくりかえした青春時代

カラニックはUCLAでコンピューター工学を学ぶが、1998年、同級生と仲間同士のネットワーク検索システムScourを開発するため、退学。同社は、利用者と映画や音楽をオンラインでシェアするインターネット会社として急成長したが、著作権法違反として、レコード業界と映画業界の双方から総額2500億ドルにのぼる訴訟を起こされた。2000年に同社は破産し、その全資産を売却した。

翌2001年、カラニックは、ファイル交換技術に特化した新会社Red Swooshを立ち上げた。この理由について彼は、「Scourを訴えた33社を見返すため」だったと述べている。しかし同社は、ニューヨークの同時多発テロ後の株式市場暴落に際して、従業員の所得税分を企業の再投資に回し、法の一線を越えたとされる。共同創業者とも仲たがいし、経営に混乱が生じた。

Uberと出会った30代、成功を極める

2007年、カラニックは同社をコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)の雄といわれるアカマイテクノロジーに約1900万ドルで売却。得た資金を元手としてエンジェル投資を行う中で、「LeWeb テクノロジー・カンファレンス」に出席し、ウーバーにつながるビジネスアイデアを耳にする。2009年、ギャレット・キャンプら3名がUber Cabを設立、カラニックは「チーフ・インキュベーター」の地位に就いた。当初は車3台をハイヤーに提供するだけだった同社だが、カラニックはCEO就任後わずか8年間で、450以上の都市に事業展開する世界的な巨大企業へと成長させた。

カラニックは2015年、フォーブスの世界長者番付にランクインした。資産は63億ドルとされる。2016年12月には、トランプの経済アドバイザー評議会に加わるとの発表がされた。ただしそのニュースはウーバーに対する大衆の反発を招き、結局、翌年2月には評議会を辞任した。

Uberの企業体質が足を引っ張り、CEO辞任へ

時を同じくして、ウーバー社内でも不祥事が続出。これは、男性主体の馴れ合い成果主義というウーバーの悪しき企業文化の産物とされる。かつての同社女性従業員も、ウーバーがセクハラや差別の申立に正面からたち向かわなかったことを非難した。

海外報道・メディア

NEXT STORY

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

ストリート系ファッションのWEGO(ウィゴー)が今年3度目の社長交代となった。度重なる株主交代の背景は?ウィゴーに一体何が起きているのだろうか。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544