米アップルのスマートフォン「iPhone」の最新2機種が、日本でも2018年9月21日に発売された。最上位機種「XS Max」の画面はiPhone史上最大の6.5インチ、端末価格も12万4800円(消費税別)と昨年の発売機種「X」を1万円以上も上回る。10月26日には廉価版の「XR」が発売される予定だ。

分かれる新型iPhoneの「評価」

米国内のメディアは、意見が分かれている。価格について特にコメントすることなく、大画面とカメラの性能の賞賛に徹したのがNew York Times紙(9月18日)。CNN(9月19日)と、テクノロジーメディアサイトのギズモード(9月28日)は、値段の高さを指摘したうえで、「1-2年ではなく長期間、“投資”として使うべき製品」と声をそろえた。

カメラ性能はXSシリーズ最大のセールスポイント(同社ホームページより)

経済誌フォーブス(9月23日)は、XRには疑問符がつくが、XSシリーズは買い替えの価値ありと認めた。一方で「XSシリーズに、飛びつくほどの価値はない」と慎重論を示したのがワシントンポスト紙(9月21日)。「お買い得商品はいくらでもあり、その一例がXRだ」とした。メーンストリームのXSと廉価版のXRの評価は分かれている。

フォーブス(9月23日)XSは秀逸、XRをあえて買うかは疑問

XSおよびXSMaxの4Gスピードは、AT&TやT-Mobile and Verizonのいずれの回線でもライバル機種と比べて格段に速い。ヘビーデータユーザーにとっては、これだけで買い替えの価値があるだろう。

一方で、XRは中途半端な存在となる。XRのメリットは、バッテリーの持ちと低価格にしてXSやXS Maxの性能をあらかた取り入れた点にある。しかし性能をよく検討すると、XRなら従来機種の「iPhone X」などを使い続けることで妥協できるように思われる。

CNN(9月19日) XSとXS Maxはフェラーリのようなもの

今回発売の3機種のうち、特にXSとXS Maxは、最もスマートで最速で最良の製品だと断言できる。しかしこれらの購入は、フェラーリを買い替え続けることに等しい。エンジンや色その他、新しさに目を奪われても、結局は「昨年買った物と同じ」だ。

そしてフェラーリとiPhoneの共通性は、多額の金を要すること。買うなとはいわない、要は予算次第だ。もし購入を迷いに迷っているなら、「数年間の投資」と考えるとよい。これらの機器は次第に耐久性を増しており、2年周期の買い換えサイクルという従来の常識は薄らぎつつある。アップルが高い値札をつけることができた理由もそこにある。