ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

冠婚葬祭互助会「サン・ライフ」が老人ホームを続々と吸収する理由

alt


サン・ライフ介護サービス
サン・ライフ介護サービス


人材獲得が成長のカギに

今後、70歳を超えた団塊の世代が続々と死亡します。こればかりは、回避できません。互助会の前受け金残高は2.4兆円と凄まじい金額ですが、今後10年を待たずに減少に転ずるでしょう。原価支払いで、取り崩すことになるからです。

頼みの綱である、ウエディング事業も人口減少と「ナシ婚」化の煽りを受けて、厳しい状況。

互助会は次のビジネスへと、いち早く参入しなければならないのです。そこで目をつけたのが、シナジー効果の高い介護事業だったのです。

介護と葬儀。この2つは人材獲得が難しい業種の筆頭です。この困難を乗り越えた企業が強みを発揮できるのは、間違いありません。

互助会は、結婚式場とホテルという、比較的人気の事業を行っています。この2つを入口として、人材を獲得するのは、互助会界隈で良く聞く話。一方、異動になって離職する人が多いのも事実。この経営課題を解決できるかが、成長企業になれるかどうかのポイントとなります。

文:麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

【専門家に聞く】介護業界のM&A最新事情(4)

【専門家に聞く】介護業界のM&A最新事情(4)

2016/02/08

介護業界ではM&Aが盛んに行われているようだ。今後、介護・高齢者住宅の分野で、M&Aが活発になる業態はあるのだろうか。高齢者住宅新聞社の網谷敏数社長に伺う、第4回目。