M&A速報

こころネット<6060>、冠婚葬祭業の郡山グランドホテルと2013年4月に経営統合

2013/02/12

こころネットは、冠婚葬祭業の郡山グランドホテル(福島県郡山市。売上高13億5000万円、営業利益1億8000万円、純資産25億8000万円)と2019年4月に経営統合することを決議した。こころネットが郡山グランドホテルの発行済株式のすべてを株式交換によって取得し完全子会社化する。

婚礼業界は市場が縮小傾向で淘汰が進みつつある一方、葬祭業界は市場が拡大するなかで競争が激化している。このような背景から、両社の経営統合により郡山地区のサービス強化と会員利便性の向上を図り、更なる事業拡大を目指す。

株式交換の割当比率は未定。式交換実施予定日は2013年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

2019/11/06

10月のM&Aは前年同月比7件減の74件となり、3カ月連続で前年を下回った。単月ベースでは前月比で5件増え、今年3番目でなお高水準を維持している。このままで推移すれば、2009年以来10年ぶりに年間800件台に乗せる公算が大きい。

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

2019/05/24

葬儀社の倒産が全国で相次いでいる。高齢化が進み、死亡者数は増えるのだから葬儀市場は拡大するはず。なのに、なぜ葬儀社の倒産が相次ぐのか?背景には葬儀の簡素化による価格破壊と、それに伴う競争激化がある。葬儀社はこの「逆風」にどう立ち向かうのか?

冠婚葬祭互助会「サン・ライフ」が老人ホームを続々と吸収する理由

冠婚葬祭互助会「サン・ライフ」が老人ホームを続々と吸収する理由

2018/03/23

冠婚葬祭互助会のサン・ライフが有料老人ホーム「ビアホーム本厚木」を譲受します。葬儀と高齢者住宅という一見安易ともいえそうな両事業ですが、シナジー効果は絶大。とはいえ、各互助会企業が介護へと乗り出すのは、相乗効果だけを狙ったものではなさそうです。

M&A速報検索

クリア