M&A速報

こころネット<6060>、葬儀事業の玉橋を子会社化

2017/09/11

福島県を拠点として葬祭事業、石材事業、婚礼事業等を展開するこころネットは、葬祭事業、霊柩車運送、仏壇仏具販売の玉橋(売上高2億円、営業利益1千万円、純資産1億円)の全株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

玉橋は、業歴67年を超える葬儀事業会社で、地元に根差した営業により安定した業績を残しており、こころネットは同社を子会社することが葬祭事業における営業エリアの拡大とシナジーの発揮に資するものと考えている。

株式取得価額は非公表。

譲渡実行予定日は平成29年12月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

2019/11/06

10月のM&Aは前年同月比7件減の74件となり、3カ月連続で前年を下回った。単月ベースでは前月比で5件増え、今年3番目でなお高水準を維持している。このままで推移すれば、2009年以来10年ぶりに年間800件台に乗せる公算が大きい。

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

2019/05/24

葬儀社の倒産が全国で相次いでいる。高齢化が進み、死亡者数は増えるのだから葬儀市場は拡大するはず。なのに、なぜ葬儀社の倒産が相次ぐのか?背景には葬儀の簡素化による価格破壊と、それに伴う競争激化がある。葬儀社はこの「逆風」にどう立ち向かうのか?

冠婚葬祭互助会「サン・ライフ」が老人ホームを続々と吸収する理由

冠婚葬祭互助会「サン・ライフ」が老人ホームを続々と吸収する理由

2018/03/23

冠婚葬祭互助会のサン・ライフが有料老人ホーム「ビアホーム本厚木」を譲受します。葬儀と高齢者住宅という一見安易ともいえそうな両事業ですが、シナジー効果は絶大。とはいえ、各互助会企業が介護へと乗り出すのは、相乗効果だけを狙ったものではなさそうです。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5