ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【スポーツクラブ】ルネサンスとゴールドジム、コロナ禍で買収の狙いは?

alt
アウトドアフィットネスのBEACH TOWNを傘下に収めるルネサンス(写真は都内の店舗)

業界ではカーブス買収以来、3年ぶりM&A

スポーツクラブ業界を舞台とするM&Aはほぼ3年ぶり。コシダカホールディングスが2018年3月に女性向けフィットネスクラブ「カーブス」を展開する米カーブス・インターナショナル・ホールディングスを約185億円で買収して以来。コシダカはFC加盟店として国内でカーブスの店舗網を広げてきたが、米国の本部を丸ごと傘下に収めたのだ。

ただ、コロナ禍でスポーツクラブを取り巻く環境は一変した。顧客離れに加え、度重なる営業時間短縮などで業績が急速に悪化し、カーブス(運営会社はカーブスホールディングス)も例外ではない。

そうした中、ルネサンス、ゴールドジムによる今回の“一手”がどう功を奏することになるのか。ライバル各社にとっても要ウオッチといえそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「売上ほぼ半減」の大苦戦、スポーツクラブ大手の9月中間決算

「売上ほぼ半減」の大苦戦、スポーツクラブ大手の9月中間決算

2020/11/16

スポーツクラブ大手の2020年4~9月期(中間)決算が出そろった。4~5月の最悪期は脱したものの、半期の売上高は前年の約半分にとどまる。休業中の固定費など新型コロナ感染症関連損失に加え、会員数も大きく落ち込み、経営体力は低下する一方だ。