夏のボーナス、大手企業で3年連続減|「自動車」10%の下げ

alt
日本経済の総本山・経団連(東京・大手町)

経団連は大手企業の2021年夏季賞与・一時金(ボーナス)の最終妥結結果を発表した。組合員の総平均は82万6647円で、前年夏を8.27%下回った。夏として3年連続の減少。新型コロナウイルス感染拡大の長期化が響き、下げ幅はリーマン・ショック後の2009年(17.15%)以来の大きさだった。

「食品」が製造業でトップに

調査は東証1部上場で従業員500人以上の252社を対象とし、有効回答は18業種・159社。製造業(129社)は5.94%減の83万9927円、非製造業(30社)は17.0%減の77万3522円となった。

製造業では13業種中、8業種が前年を下回り、このうち自動車(平均87万9626円)が10.07%減と最大の下げ幅だった。自動車は3年前の2018年夏に106万1566円と100万円を超えていた。セメント、食品など5業種はプラスで、食品は妥結額が94万8564円と電機、自動車を抑えて製造業で最も高かった。

非製造業ではコロナ禍が直撃した私鉄が23.68%減の63万215円と2割を超える大幅下落となった。電力は1.53%増えて76万6343円だった。

◎2021年夏季賞与・一時金 業種別妥結結果(加重平均)※従業員平均の数値を含む。出所:経団連調査

業種 社数 妥結額(円) 増減率(%)
非鉄・金属 13 764,671 2.15
食品 7 948,564 3.48
繊維 14 790,726 0.44
紙・パルプ 6 698,305 △0.27
印刷 2 628,919 △1.59
化学 26 836,019 △4.25
ゴム 5 796,610 1.38
セメント 5 776,789 4.29
鉄鋼 9 543,358 △4.85
機械金属 3 817,455 △8.39
電機 12 913,211 △0.77
自動車 16 879,626 △10.07
造船 11 792,833 △7.16
建設 6 ※1,286,372 △12.18
商業 2 ※643,384
私鉄 10 ※630,215 △23.68
(民鉄) 8 ※621,506 △18.57
(JR) 2 ※635,697 △25.49
電力 8 766,343 1.53
情報通信 4 803,969
総平均 159 826,647 △8.27

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「財界総理」って? 日立から再び「住友」へ

「財界総理」って? 日立から再び「住友」へ

2021/05/20

経団連の主が6月1日に交代する。病気療養中の中西宏明会長(日立製作所前会長)が任期途中で退任し、住友化学会長の十倉雅和氏が緊急登板する。「財界総理」と称される経団連会長。十倉氏で15代目だが、会長を輩出する業界・企業は時代とともに変遷している。