ついにiPadで「ウィンドウズ解禁」、macOSはいつ動く?

alt

米マイクロソフトが2021年8月2日、パソコンOSで最もシェアが高い「ウィンドウズ」をクラウドサービスで、アップルのタブレット端末「iPad」シリーズ向けに提供した。これは米アップルにとって大きな痛手となる。

iPadでmacOSが使えるのに「非解禁」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックでリモートワークが拡大し、その端末として安価で持ち運びがしやすいiPadの導入が進んでいるからだ。それ以前からアップルはiPadでビジネス需要を取り込もうとしていた。

iPadでビジネス需要の開拓を狙うアップル(同社ホームページより)

2020年にパソコンの「Mac」シリーズのCPUをインテル製から、「iPhone」シリーズやiPadシリーズに搭載しているARMアーキテクチャーの「M1」シリーズに変更している。これはパソコンOSでは圧倒的なシェアを持つウィンドウズにmacOSでは太刀打ちできないため、iPadで法人向けのシェアを伸ばす戦略だった。

macOSの最新版「Big Sur」はM1向けに最適化されている。つまり、MacシリーズのアーキテクチャーをiPadやiPhoneに「寄せてきた」わけだ。M1とBig Surを搭載した新型Macシリーズでは、iPadのアプリが稼働する。しかし、Macシリーズと同等の機能を持つ最新の「iPad Pro」では十分に動くはずのmacOSは解禁されていない。

アップルのグレッグ・ジョスウィアック製品マーケティング担当副社長とジョン・テルヌスハードウエアエンジニアリング担当副社長は、2021年4月に掲載された英ニュースサイトのインディペンデントのインタビューで「iPadとMacを融合して欲しいとの声と、別物だという声の両方がある」と、なんとも煮え切らない態度を示している。

NEXT STORY

いよいよ「iPad mini」にProモデルが登場する!

いよいよ「iPad mini」にProモデルが登場する!

2021/07/26

2021年春にも発売されると予想されていた新「iPad mini」だが、新型コロナウイルス感染症拡大による半導体不足の影響で投入されないまま夏を迎えた。しかし、ようやく新モデルの投入情報が囁かれ始めた。しかも、かなりの機能アップが見込める。