食品の記事一覧

湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

日清食品ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響で即席めん事業が好調に推移したのに加え、スナック菓子の湖池屋の買収効果なども加わり、2021年3月期の当期利益が過去最高を更新した。

記事を読む
ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

学生レポーター・山口萌さんがヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に話しを聞きました。吉村社長は「半年で3件のM&Aを行いたい」とM&Aに前向きな姿勢を示し、「日本のスイーツの会社にグループに入ってほしい」との戦略を披露しました。

記事を読む
2日で撤回。クラフトによるユニリーバへの買収提案

2日で撤回。クラフトによるユニリーバへの買収提案

クラフトによるユニリーバへの買収提案は、わずか2日で撤回しました。クラフトは早くも次のターゲットを狙っているようです。

記事を読む
クラフトハインツがユニリーバに買収提案。3G動く

クラフトハインツがユニリーバに買収提案。3G動く

クラフト・ハインツが日用品大手のユニリーバに買収提案をしました。総額は1430億ドル。ユニリーバはこの提案を即座に拒否しました。

記事を読む
バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

投資ファンドの3Gキャピタルが動き出したようです。次の買収対象はどこでしょうか。

記事を読む
永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

先日、永谷園ホールディングスがフリーズドライ食品会社を傘下に持つ英・ブルームコを約150億円で買収すると報じられた。官民ファンドの産業革新機構と共同とはいえ、永谷園にとってはシュークリーム専門店「ビアードパパ」で知られる麦の穂ホールディングス買収以来の大型買収だ。永谷園が描いた海外展開の青写真とは?

記事を読む
食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

約20年前に納豆業界に本格的に進出してきたミツカン。その積極的な商品開発とM&Aで、「おかめ納豆」で知られるタカノフーズの独走状態だった納豆業界の勢力図を書き換えました。常にチャレンジングな姿勢を崩さないミツカンの納豆のすごさを検証します。

記事を読む
食べるM&A テーブルマークの冷凍パン 美味しさのヒミツ

食べるM&A テーブルマークの冷凍パン 美味しさのヒミツ

インバウンド需要の急増で注目が集まる冷凍パン。業務用だけでなく、家庭用も提供するテーブルマークの冷凍パンは2011年の発売以来、美味しいと好評です。その美味しさの裏側には、実はテーブルマークという会社の成り立ちが深く関わっています。

記事を読む
食べるM&A 日清食品と明星食品 カップ麺を食べ比べてみた

食べるM&A 日清食品と明星食品 カップ麺を食べ比べてみた

明星食品が日清食品の傘下に入ってから2016年12月で10年になります。果たして商品面での統合や業績面での効果はどうなっているのでしょうか? M&A Online編集部の独断と偏見による検証を実施してみました。

記事を読む
デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

アメリカ三大財閥の1つとして2世紀を超えて持続するデュポン(DuPont)は、世紀ごとに全く別の企業体であり、火薬事業の100年、化学事業の100年、そして現在は化学メーカーから工業バイオサイエンス、農業・食品、先端素材などをコアとした新しい技術・事業分野へ事業再編しつつある。この記事ではデュポンのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】ファーマフーズ新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】ファーマフーズ新株予約権(有償ストックオプション)発行

今回は、ファーマフーズの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

エア・ウォーターは、近年、祖業以外の農業・食品関連事業へ本格参入へ。これまでのM&Aの道のりを辿る。

記事を読む