食品の記事一覧

「物価高倒産」が急増、2018年以降で最多に ホテルショコラも力尽き

「物価高倒産」が急増、2018年以降で最多に ホテルショコラも力尽き

帝国データバンクが、物価高が原因の倒産件数を調べたところ、2022年1-7月は116 件に達しており、調査を始めた2018年から、2021年までの4年間の年平均の110件(累計は442件)を上回ったことが分かった。

記事を読む
本格化する「値上げ」2万品目の食品が対象に 値上げカレンダーも登場

本格化する「値上げ」2万品目の食品が対象に 値上げカレンダーも登場

7月以降値上が本格化する。食品をはじめ日用品、交通費、光熱費、火災保険など多岐に渡っており、中でも食品は年間2万品目に及ぶ見込みで、正に値上げラッシュの様相を呈している。

記事を読む
肉や卵に似た植物性の食品「プラントベースフード」に本腰「カゴメ」「キユーピー」「薬王堂」など

肉や卵に似た植物性の食品「プラントベースフード」に本腰「カゴメ」「キユーピー」「薬王堂」など

植物性の原材料を用いて、肉やミルク、卵などに似せて作られた食品であるプラントベースフードの動きが活発化してきた。名の知れた上場企業がプラントベースフードの事業拡大に乗り出すことで、普及が加速しそうだ。

記事を読む
まさかのコラボも「カップヌードル」「ギョーザ」「ククレカレー」人気商品の50周年記念作戦とは

まさかのコラボも「カップヌードル」「ギョーザ」「ククレカレー」人気商品の50周年記念作戦とは

日清食品は、やおきんと共同で「カップヌードル」発売 50 周年を記念して「うまい棒カップヌードル味」を開発した。味の素冷凍食品やハウス食品グループ本社も発売50周年を記念した取り組みを展開。人気商品たちの50周年作戦とは。

記事を読む
夏のボーナス、大手企業で3年連続減|「自動車」10%の下げ

夏のボーナス、大手企業で3年連続減|「自動車」10%の下げ

経団連は大手企業の2021年夏季賞与・一時金(ボーナス)の最終妥結結果を発表した。組合員の総平均は82万6647円で、前年夏を8.27%下回った。夏として3年連続の減少。新型コロナウイルス感染拡大の長期化が響き、下げ幅はリーマン・ショック後の2009年(17.15%)以来の大きさだった。

記事を読む
湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

日清食品ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響で即席めん事業が好調に推移したのに加え、スナック菓子の湖池屋の買収効果なども加わり、2021年3月期の当期利益が過去最高を更新した。

記事を読む
ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

学生レポーター・山口萌さんがヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に話しを聞きました。吉村社長は「半年で3件のM&Aを行いたい」とM&Aに前向きな姿勢を示し、「日本のスイーツの会社にグループに入ってほしい」との戦略を披露しました。

記事を読む
2日で撤回。クラフトによるユニリーバへの買収提案

2日で撤回。クラフトによるユニリーバへの買収提案

クラフトによるユニリーバへの買収提案は、わずか2日で撤回しました。クラフトは早くも次のターゲットを狙っているようです。

記事を読む
クラフトハインツがユニリーバに買収提案。3G動く

クラフトハインツがユニリーバに買収提案。3G動く

クラフト・ハインツが日用品大手のユニリーバに買収提案をしました。総額は1430億ドル。ユニリーバはこの提案を即座に拒否しました。

記事を読む
バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

投資ファンドの3Gキャピタルが動き出したようです。次の買収対象はどこでしょうか。

記事を読む
永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

先日、永谷園ホールディングスがフリーズドライ食品会社を傘下に持つ英・ブルームコを約150億円で買収すると報じられた。官民ファンドの産業革新機構と共同とはいえ、永谷園にとってはシュークリーム専門店「ビアードパパ」で知られる麦の穂ホールディングス買収以来の大型買収だ。永谷園が描いた海外展開の青写真とは?

記事を読む
食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

約20年前に納豆業界に本格的に進出してきたミツカン。その積極的な商品開発とM&Aで、「おかめ納豆」で知られるタカノフーズの独走状態だった納豆業界の勢力図を書き換えました。常にチャレンジングな姿勢を崩さないミツカンの納豆のすごさを検証します。

記事を読む
食べるM&A テーブルマークの冷凍パン 美味しさのヒミツ

食べるM&A テーブルマークの冷凍パン 美味しさのヒミツ

インバウンド需要の急増で注目が集まる冷凍パン。業務用だけでなく、家庭用も提供するテーブルマークの冷凍パンは2011年の発売以来、美味しいと好評です。その美味しさの裏側には、実はテーブルマークという会社の成り立ちが深く関わっています。

記事を読む
食べるM&A 日清食品と明星食品 カップ麺を食べ比べてみた

食べるM&A 日清食品と明星食品 カップ麺を食べ比べてみた

明星食品が日清食品の傘下に入ってから2016年12月で10年になります。果たして商品面での統合や業績面での効果はどうなっているのでしょうか? M&A Online編集部の独断と偏見による検証を実施してみました。

記事を読む
デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

アメリカ三大財閥の1つとして2世紀を超えて持続するデュポン(DuPont)は、世紀ごとに全く別の企業体であり、火薬事業の100年、化学事業の100年、そして現在は化学メーカーから工業バイオサイエンス、農業・食品、先端素材などをコアとした新しい技術・事業分野へ事業再編しつつある。この記事ではデュポンのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】ファーマフーズ新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】ファーマフーズ新株予約権(有償ストックオプション)発行

今回は、ファーマフーズの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

エア・ウォーターは、近年、祖業以外の農業・食品関連事業へ本格参入へ。これまでのM&Aの道のりを辿る。

記事を読む