ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

採用のミスマッチングを防げ 京大発ベンチャー ミツカリ

alt
写真はイメージです

社内人材分析サービスもスタート

ミツカリは設立直後の2015年7月に5000万円の資金調達に成功し、2016年初めに「mitsucari」をリリースした。2016年12月には京都大学イノベーションキャピタルから7000万円を資金調達した。2017年から2018年にかけてアクセラレータープログラムなどで多くの賞を受賞した。 

2018年11月にはウィルグループのCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)、京大イノベーションキャピタルなどから合計1億5000万円を資金調達し、「mitsucari」の認知拡大や機能改善、企業向け新規事業の開発などに取り組んできた。 

2019年には社内人材分析サービスをリリース。カルチャーミスマッチの防止、人材の適材適所を実現するサービスの提供を始めた。

2020年は一体どのような展開を計画しているのだろうか。

年月 ミツカリの沿革(同社ホームページより)

2015年5月

ミライセルフ設立

2015年7月

第三者割当増資で5000万円を調達

2016年2月

ミツカリ サービスを開始

2016年10月

第1回HRテクノロジー大賞で注目スタートアップ賞を受賞

2016年12月

第三者割当増資で7000万円を調達

2017年12月

第5期富士通アクセラレータープログラムで優秀賞を受賞

2018年4月

第5回Rise Up Festaで情報・ネットサービス部門最優秀賞を受賞

2018年7月

HR Tech GP2018で人事賞を受賞

2018年11月

第三者割当増資で1億5000万円を調達

2019年5月

社内人材分析に特化したエンタープライズプランの提供を開始

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

AIで法務業務に革新を起こす 京大発ベンチャーLegalForce

AIで法務業務に革新を起こす 京大発ベンチャーLegalForce

2019/12/23

契約書レビュー(契約内容の再検討)業務は長時間かかるケースが多い。手間がかかり業務効率の余地がある契約書レビューを、AI(人工知能)を活用して自動化しようという京都大学発のベンチャー企業が誕生した。